エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 健康たからづか21(第2次)


ここから本文です。

健康たからづか21(第2次)

ID番号 1001072 更新日  平成26年11月10日  印刷

本市では、平成26年(2014年)3月に「健康たからづか21(第2次)」を策定しました。
この計画期間は、平成26年(2014年)4月から平成31年(2019年)3月末までの5年間とします。

健康たからづか21とは

「健康たからづか21」とは、国民の健康の増進の総合的な推進を図るための基本的な方針である「健康日本21」の地方計画であり、健康増進法第8条第2項の規定に基づく市町村健康増進計画として位置づけられる計画のことで、宝塚市の健康づくりを推進するための計画です。

策定の背景

近年、少子高齢化の加速、食生活などの変化により、生活習慣病が増加しており、今後このことが寝たきりや認知症など介護を必要とする人を増加させるとともに、医療費を増大させる要因にもなると考えられます。そのため、生活習慣病の発症や、重症化の予防に努め、健康寿命の延伸を実現することが重要となっています。

策定の目的

国においては、平成24年度(2012年度)に「健康日本21(第2次)」を策定し、兵庫県においても、平成24年度(2012年度)に「兵庫県健康づくり推進実施計画」を策定し、健康づくりの推進に取り組まれています。
宝塚市では、平成15年度(2003年度)に「健康たからづか21」を、その後、平成19年度(2007年度)に「健康たからづか21後期計画」を策定し、市民の健康づくりを推進してきましたが、社会状況の変化等に伴う健康課題に対応する必要が生じていることから、国や県の新たな指針や計画の内容を踏まえ、宝塚市のさらなる健康づくりを推進するための計画として、「健康たからづか21(第2次)」を策定しました。

計画の基本理念

もっと!健康 ずっと!健康 笑顔キラキラ たからづか

市民一人ひとりが、生涯を通じ健康づくりに主体的に取り組み、行政を含めた地域社会全体で健康づくりを積極的に推進することで、すべての市民がいつまでも健康で安心して暮らせるまちを目指します。

計画の基本方針

  1. ライフステージに応じた健康づくりの推進
    市民と行政が協働して、妊産婦期から高齢期までの各ライフステージに応じた健康づくりを推進し、健康寿命の延伸を目指します。
  2. 生活習慣病の発症予防と重症化予防
    食生活の改善や運動習慣の定着、受動喫煙の防止などにより、生活習慣病の発症や重症化予防に向けた取り組みを進めます。
  3. 個人の健康づくりを社会全体で支援するための環境整備の推進
    地域、職域等の関係団体が、それぞれの特定を生かしながら連携し、個人の健康づくりを社会全体で支援するための環境の整備・充実に取り組みます。

計画書のダウンロード(PDF)

お問い合わせ先

宝塚市立健康センター (平日午前9時~午後5時30分)
住所:〒665-0827 宝塚市小浜4丁目4番1号
電話:0797-86-0056
ファクス:0797-83-2421

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康推進室 健康推進課(健康センター)
〒665-0827 宝塚市小浜4丁目4番1号
電話:0797-86-0056 ファクス:0797-83-2421
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。