宝塚市産業振興ビジョン

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1041571 更新日  2021年4月1日

印刷大きな文字で印刷

宝塚市産業振興ビジョン

宝塚市は、令和3年3月に「宝塚市産業振興ビジョン」を策定しました。(PDF形式でご覧になれます。)

計画策定の目的

 人口減少時代及び少子化・高齢化社会が更に進行し、厳しい経済社会状況が今後も続くことが想定されます。そのような状況においても産業振興を通じて地域経済の活性化と雇用の促進を図ることで、本市産業が持続的に発展していくことが期待されます。
 そのためには、産業と地域社会が調和した豊かで質の高い市民生活を実現するとともに、子どもや若者が生き生きと暮らしたくなるまちを目指し、将来の担い手になることが大切であることから、宝塚市産業振興ビジョンを策定します。

位置づけ

 「第6次宝塚市総合計画」及び「宝塚市産業振興基本条例」のもと、産業全体の重点的な施策・事業を絞り込むための「ビジョン」として位置付けます。
 産業関連個別計画(農業振興計画、商工業振興計画、観光振興戦略)に共通する、宝塚市産業振興に係る上位の基本的考え方を示したビジョンです。

宝塚市産業振興ビジョン 位置づけ

将来目標

産業振興ビジョン 将来目標

 本市産業を取り巻く動向は、提言書作成時と比べて、観光客数の増加といった好転要因がある一方、企業流出や人材不足が進み、また市内で資金が循環していない等、各産業に共通する中長期的な課題が散見しています。また、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響で、あらゆる業種で売上が減少し、事業者が疲弊していることから、創造性・革新性をもって新たな事業創出や新業態への転換、新たな担い手の確保・育成、新たな資金循環に取り組む必要があります。

 本市には豊かな地域産業資源や文化芸術資源があり、全国的に知名度のある「宝塚ブランド」が育まれてきました。本市が有する創造性・革新性の源泉を活用し、新たな視点で産業振興に取り組むことで、市民や事業者の誰もが生き生きと働き、暮らし、活動する「創造都市・宝塚」の実現に取り組みます。

計画期間

令和3年度(2021年度)を初年度とし、令和12年度(2030年度)までの10年間とします。

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

産業文化部 産業振興室 商工勤労課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 
電話:0797-77-2011(商工担当) 0797-77-2071(総括・勤労担当)
ファクス:0797-77-2171
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。