北摂里山地域の木質バイオマス有効利用事業 木質バイオマス総合研修会が開催されました

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1040952 更新日  2021年2月26日

印刷大きな文字で印刷

 西谷地区には、県有環境林等の豊富な森林資源があります。今年度、兵庫県が国の補助採択を受け、北摂里山地域循環共生圏事業の一環として、西谷地区を中心とした北摂里山地域の木質バイオマス資源の有効利用の検討のため、小型チッパーによる燃料チップの作り方実演を含む研修会が兵庫県により開催されましたので、動画等によりその内容を紹介します。

※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、参加者は地域の代表者や関係者のみとして開催されました。

日時

令和3年(2021年)1月24日(日曜日) 9時30分~11時

場所

宝塚自然の家

内容
「里山を宝に変えるために」

里山の木質資源の活用は、地域再生の可能性を有しています。早田林業 技術士 早田さんが、そのために重要なことや課題、西谷地区にあった生産システムについて説明します。

「チップ化作業の実演」

伐採現場でのチップ化作業を想定し、チッパーをフックロール付トラックで現場におろし、原木をグラップル付のフォワーダで集材し、チップ化して搬送容器(ここではトラック)に吹き込むという想定で行いました。中央にある緑色の機械がチッパーで、原木投入するグラップル付の運搬装置がフォワーダです。奥にチッパーを運搬したフックロール付4tトラックが見えます。

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境室 地域エネルギー課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2361 ファクス:0797-71-1159
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。