【総務省事業】きこえない人ときこえる人を「電話」でつなぐ電話リレーサービス

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1043740 更新日  2021年10月8日

印刷大きな文字で印刷

【総務省事業】きこえない人ときこえる人を「電話」でつなぐ電話リレーサービス

総務省が公共インフラとして電話リレーサービスを開始しました!

 電話リレーサービスとは、聴覚や発話に困難のある方(以下「聴覚障碍(がい)者等」といいます。)と聴覚障碍(がい)者等以外の方との会話を、通訳オペレーターが手話・文字チャットと音声で通訳することにより電話で双方向につなぐサービスのことで、令和3年7月1日から開始しています。

 電話リレーサービスの利用を希望される聴覚障碍(がい)者等の方は、電話リレーサービス提供機関((一財)日本財団電話リレーサービス)へお問い合わせください。

 公共インフラとしての電話リレーサービスで実現される主なものとして

(1)24時間365日対応

(2)緊急通報

(3)通話の相手方との双方向でのスムーズな会話

が、可能になります。そのほか、お店への予約、家族・友人との連絡など

お互いにやり取りすることが可能になります。

 詳細については、総務省のホームページ、日本財団電話リレーサービスのホームページをご覧ください。

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 福祉推進室 障碍(がい)福祉課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁グランドフロアー
電話:0797-77-9110(手帳・自立支援医療担当) 0797-77-2077
   0797-77-2287(基幹相談支援センター)
ファクス:0797-72-8086
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。