2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1055017 更新日  2023年12月7日

印刷大きな文字で印刷

大阪・関西万博PR画像

2025年⽇本国際博覧会(⼤阪・関⻄万博)では、150か国を超える国や地域、国際機関が参加します。⼤阪・関⻄万博は、国境や⼈種を超えて、世界各国から様々な個性が集まり、いろいろな未来を⾒て、体験することができるイベントです。会場内では、各国や企業のパビリオンでの魅⼒あふれる展⽰に加え、多種多様なイベントが開催されるほか、空⾶ぶクルマや多⾔語同時翻訳、最新の⾃動運転など、夢の技術がついに実現します。
詳細は2025年日本国際博覧会協会ウェブサイトをご覧ください。

テーマ

いのち輝く未来社会のデザイン(Designing Future Society for Our Lives)

サブテーマ

・Saving Lives(いのちを救う)
・Empowering Lives(いのちに力を与える)
・Connecting Lives(いのちをつなぐ)

コンセプト

- People's Living Lab -(未来社会の実験場)

1 展示をみるだけでなく、世界80億人がアイデアを交換し、未来社会を「共創」(co-create)。
2 万博開催前から、世界中の課題やソリューションを共有できるオンラインプラットフォームを立ち上げ。
3 人類共通の課題解決に向け、先端技術など世界の英知を集め、新たなアイデアを創造・発信する場に。

入場チケットについて ※詳細は以下のURLよりご覧ください。

◇販売期間
 2023年11月30日(木曜日)から2025年10月13日(月曜日)まで
 ※券種により販売期間が異なります。
◇販売場所
 (1)EXPO 2025デジタルチケット公式販売Webサイト
 (2)当協会が販売契約を締結した販売事業者のWebサイト及び店頭
◇開催期間及び開場時間について
 2025年4月13日(日曜日)~2025年10月13日(月曜日)午前9時~午後10時
 ※券種により、入場が可能な日や時間が異なります。

「ひょうごフィールドパビリオン」SDGs体験型地域プログラム

兵庫県では、県の取り組みを国内外に伝える機会と捉え、地域の「活動の現場そのもの(フィールド)」を地域の人々が主体となって発信し、多くの人を誘い、見て、学び、体験していただく「ひょうごフィールドパピリオン」を展開します。
また、ひょうごフィールドパビリオンの展開にあたって、SDGsを推進し、地域や社会の諸課題の解決に向けて、各地域で特色ある資源を生かした体験型・周遊滞在型プログラム、またはその素材となり得るプログラム(SDGs体験型地域プログラム)に本市も認定されました。

【認定プログラム】※内容については今後ブラッシュアップをしていきます
・大阪から電車でたった30分里山の入り口『西谷』で未来の里山体験ツアー (宝塚市西谷地区まちづくり協議会)
・タンサンと湯のまちのルーツさがし       (宝塚市 観光企画課)
・夢をさがしに、宝塚 ~ 手塚治虫のメッセージ (宝塚市 手塚治虫記念館)

このページに関するお問い合わせ

企画経営部 政策室 企画政策課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁舎4階
電話:0797-77-2001 ファクス:0797-72-1419
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。