令和5年12月号 「〇〇ペイで返金」に気を付けて

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1054901 更新日  2023年11月24日

印刷大きな文字で印刷

「〇〇ペイで返金」に気を付けて

 【事例】インターネット通販で値段の安いブランドバックを購入し、代金1万円を銀行振り込みで支払った。商品が届かないのでサイトにメールで問い合わせたら、「欠品になったので、〇〇ペイで返金する」と返信があった。指示されるままに〇〇ペイのアプリを操作して、返金の手続きを行った。後でアプリを確認すると返金されるはずが、逆に1万円を送金してしまっていた。

 インターネット通販で商品代金をだまし取った上に、返金すると持ち掛けて二重にお金をだまし取る、悪質な手口が増えています。中には「手続きに失敗した」と言われて、何回も操作した結果、総額10万円を送金してしまったケースもあります。いったん送金してしまったお金を取り戻すことは困難です。
 代金を銀行振り込みで支払っているのもかかわらず、返金をキャッシュレス決済アプリで行うことは極めて不自然です。「〇〇ペイで返金します」と言われたら、詐欺を疑いましょう。相手の指示に従わず、下記へご相談ください。


       商品やサービスに関する契約トラブルの相談は
            相談専用電話(☎81・0999)、消費者ホットライン(☎188)へ 
       

このページに関するお問い合わせ

産業文化部 産業振興室 消費生活センター
〒665-0852 宝塚市売布2丁目5番1号 ピピアめふ1・5階
電話:0797-81-4185 ファクス:0797-83-1011
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

消費生活に関する相談は
相談専用電話:0797-81-0999  消費者ホットライン:局番なしの「188」
※「お問い合わせ専用フォーム」では、消費生活相談の受付はできません。