エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > よくある質問トップページ > 分野から探す > こんなときには > 出産・育児 > 国民健康保険に加入しています。出産時に保険から給付がありますか。


ここから本文です。

出産・育児 よくある質問

ID番号 5000207 更新日  平成26年11月29日  印刷

質問 国民健康保険に加入しています。出産時に保険から給付がありますか。

回答

国民健康保険に加入されている方が出産された場合、「出産育児一時金」の支給制度があります。世帯主の方から申請手続きをしていただきますが、妊娠4か月以上(12週以上)の流産・死産の場合であっても支給されます。支給額は42万円(産科医療補償制度に加入していない場合は39万円)です。(国民健康保険に加入してから6ヶ月以内の出産の場合、一部の方は支給出来ないことがあります。)
原則として、出産育児一時金相当金額(42万円又は39万円)は、国保から医療機関等に直接支払し、被保険者は出産費用との差額を医療機関等窓口で支払います。(直接支払制度)被保険者と医療機関等の間では直接支払の合意文書を交わします。出産費用が42万円又は39万円に満たなかった場合は、出産費用との差額を国保から被保険者に支給します。
なお、直接支払制度を利用しない場合は、出産費用の明細書(直接支払制度を利用していない旨の表記が必要)、分娩を証明するもの(母子健康手帳、死胎埋火葬許可証など)、産科医療補償制度登録証(出産費用の明細書に記載されていれば省略可)、世帯主の銀行口座、印鑑を添えて申請してください。国民健康保険から被保険者へ支給します。
詳しくは国民健康保険課へお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 市民生活室 国民健康保険課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2063(給付担当) 0797-77-2065(資格・賦課担当)
ファクス:0797-77-2085
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。