エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > よくある質問トップページ > 分野から探す > こんなときには > おくやみ > 後期高齢者医療制度の被保険者が亡くなったのですが、何か手続きが必要ですか。


ここから本文です。

おくやみ よくある質問

ID番号 5000217 更新日  平成29年2月22日  印刷

質問 後期高齢者医療制度の被保険者が亡くなったのですが、何か手続きが必要ですか。

回答

後期高齢者医療被保険者証の返却

亡くなられた被保険者の被保険者証は、市の窓口へお返しください。また、「限度額適用標準負担額減額認定証」や「特定疾病療養受療証」をお持ちの方は、あわせてご返却ください。

葬祭費の申請

葬祭を行った方(喪主)に5万円が支給されます。市役所本庁(医療助成課)又は各サービスセンター・サービスステーションで下記の申請に必要なものを持参して手続きをしてください。

申請に必要なもの

  1. 会葬礼状等[葬祭を行った方(喪主)が確認できるもの]
  2. 口座番号、口座名義人が確認できるもの。原則、葬祭を行った方(喪主)に振り込みをさせていただきます。
  3. 申請者の印鑑

保険料の精算

亡くなられた被保険者の保険料は亡くなった日の前の月までの月割計算となります。(ただし、月末に亡くなられた場合は、その日の月までの月割計算となります。)被保険者が亡くなられた翌月に、保険料変更決定通知を送付しますので、ご確認ください。また、精算の結果、還付がある方へは3ヵ月から4ヵ月後に過誤納還付金請求書を送付します。

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 市民生活室 医療助成課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2064(福祉医療・福祉金担当) 0797-77-9103(後期高齢者医療担当)
ファクス:0797-77-2085
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。