「東日本大震災被災地支援活動の記録」について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1001100 更新日  2021年2月18日

印刷大きな文字で印刷

東日本に深い悲しみと大きな爪痕をもたらしたあの東日本大震災。東北の被災地では悲しみが癒えぬまま、それでも復興へ向けた取組が着実に進められています。阪神・淡路大震災を経験した本市では、発災直後から現在に至るまで、行政のみならず多くの市民、ボランティアの方が被災地の支援活動に参加しました。この活動内容を記録として残すため、発災直後から平成24年12月までの支援活動をまとめた記録誌を発刊しました。
この記録誌は平成24年暮れに製本されましたが、年が明けた1月3日に岩手県大槌町に派遣されていた本市職員が宿舎で亡くなるという悲しい出来事がありました。被災地を思うやさしい心を持ち、人一倍責任感の強い職員でした。彼の思いをしっかり受け止め、その遺志を引き継いでいくことが私たちの責務であると考えています。
この記録誌をご覧になって、一人でも多くの方が東北被災地のことを考え、また防災を考えるきっかけにしてにしていただけると幸いです。

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

都市安全部 危機管理室 総合防災課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 第二庁舎2階
電話:0797-77-2078 ファクス:0797-77-2150
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。