議長のメッセージ

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1000839 更新日  2022年1月21日

印刷大きな文字で印刷

三宅議長
第61代宝塚市議会議長 三宅 浩二

新春あいさつ

 市民の皆様には、すがすがしい新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 また、皆様には日頃から、私ども宝塚市議会の活動に、ご理解、ご協力をいただいておりますことに、この場をお借りして感謝を申し上げます。

 さて、昨年1年間を振り返ってみますと、昨年も一昨年に引き続き、新型コロナウイルスへの対応に奔走する1年でありました。
 そんな中、4月には市長選挙が行われて山﨑市長が誕生し、宝塚市政は新たな体制でスタートしました。
   また、夏に開催された東京オリンピック・パラリンピックでは日本選手が大活躍し、私たちに多くの感動を届けてくれました。

 新年を迎えましても、新たな変異株の動向はまだまだ不透明であり、感染症の状況は予断を許さないものがあります。
 市議会といたしましては、コロナの影響によって困難に直面している市民生活の支援を、引き続き進めてまいります。また、ポストコロナを見据えた地域活性化の取り組みにも、尽力してまいりたいと考えております。

 コロナ以外にも、喫緊の課題として、人口減少、少子高齢社会への対応があります。
 持続可能な都市経営を実現するためには、これまでの行財政運営を大きく転換していく必要があります。
 山﨑新市長が進めるこれらの改革を、市議会としても、しっかりチェックしながらともに取り組んでまいります。
 市民の皆様のご理解とご協力をいただきながら、新しい時代にふさわしい市政運営の実現をめざしてまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

 最後になりましたが、皆様方におかれましては、くれぐれも健康にご留意をいただき、良き1年を過ごされますことをお祈りいたしまして、新年のご挨拶とさせていただきます。

 令和4年(2022年)1月

就任あいさつ

 このたび第61代宝塚市議会議長に就任し、その職責の重さを改めて痛感いたしております。

 長引く新型コロナ禍により、多くの事業者や市民の皆様が不安な生活を送っておられます。
ワクチン接種がスタートし、感染症の収束に向けてようやく前進し始めたところであり、議会としましても、事態の早期収束と市民生活及び地域経済の維持を図り、市民の皆様が健康で安心した社会生活を送れるよう、最大限の協力と支援を行う所存です。

 一方、本市にとって喫緊の課題となっている財政危機につきましては、市政を取り巻く環境が大きく変化する中、10年先、20年先を見すえた行財政経営の変革が急務となっています。

 市議会におきましては、行政における働き方改革やDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進などをバックアップし、持続可能なまちづくりに向けて全力で取り組んでまいります。

 さて、市議会では基本条例の制定から10年が経過しました。
 あらためて条例制定時の初心に帰り、市民に開かれた議会、市民に信頼される議会、市民に親しまれる議会をめざし、議会改革の歩みをたゆまず進めてまいる所存です。
 市民の皆様のご支援、ご理解を何卒よろしくお願い申し上げます。

 令和3年(2021年)5月18日

このページに関するお問い合わせ

議会事務局 総務課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2034 ファクス:0797-74-6902
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。