市長のページ

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1000020 更新日  2022年4月28日

印刷大きな文字で印刷

市長のページ

市長メッセージ(広報たからづか令和4年(2022年)5月号)

市民の皆さまへ

 私は、昨年4月19日に市長に就任し、1年が経ちました。就任時の施政方針では、新しい発想で一市民としての視点をもって、新時代に対応する施策を着実に進め、新しい時代にふさわしい宝塚市を創造していくと申し上げました。新型コロナウイルス感染症が拡大する最中に就任したため、その対応をはじめ、さまざまな課題に向き合いながら、この先のまちづくりへの足固めを行った、大切な一年でした。2年目を迎えるにあたり、市民の皆さまとともに、安全に安心して暮らすことができる、持続可能なまちづくりに向けて取り組むと、決意を新たにしています。
 また、この1年で感じたことは「人」が一番大切であるということです。そのため今年度は「人づくり予算」と称して、人的な基盤強化に力を入れた予算にしました。3人の外部人材を登用し、時代の変化に対応した改革を実践できる人材育成を進め、市の経営基盤を強化します。さらに、弁護士職員を任用し、市職員全体の法務能力の底上げを図ります。そして、教育現場には、スクールロイヤー(学校現場の問題に対応する弁護士)を3人登用し、教師が子どもたちのSOSを早期に察知して、子どもに寄り添った対応・解決をすることができるように支援します。また、まちづくり協議会に、オンライン会議や情報発信などに必要な機材の購入費等を補助することで、地域活動のデジタル化を進め、多様な人たちの参画を促進します。
 さて、今回の特集は、児童館がテーマです。宝塚市には、エリアごと7ブロックに、地域児童館・子ども館を設置しています。私も幼い頃、児童館で毎日のように遊んでいたことを思い出します。新しいお友だちを見つけたい子どもたちや、子育て情報が欲しい保護者の皆さんは、ぜひ地域の児童館・子ども館をのぞいてみてください。そこは「たからっ子」の居場所の一つであり、安心して楽しく子育てができる場所です。
 最後に最近各地で地震が続いています。大切な命を守るため、今一度ご家庭での日頃からの備えとして、食料や水の備蓄、家具の転倒防止、地震保険の加入やご家族の緊急連絡方法の確認をお願いします。なお、市では安心メールで災害情報を配信しています。ぜひご登録をお願いします。

 

 



このページに関するお問い合わせ

企画経営部 市長室 秘書課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2060 ファクス:0797-77-2080
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。