市長のページ

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1000020 更新日  2023年1月28日

印刷大きな文字で印刷

市長のページ

市長メッセージ(広報たからづか令和5年(2023年)2月号)

 冷え込みが厳しくなりました。皆さま、暖かくして過ごしていらっしゃるでしょうか。年が明けて1カ月、宝塚市はうさぎの飛躍でさまざまな取り組みを進めています。
 まず、1月18日(いいハチの日)に、宝塚市と株式会社若水、特定非営利活動法人銀座ミツバチプロジェクトの3者で、包括連携協定を締結しました。昨年7月から、ホテル若水に日本ミツバチの巣箱が置かれているのをご覧になった方もいらっしゃると思います。銀座ミツバチプロジェクトは、銀座という都会のビルの屋上で緑を育て養蜂を行う新しい試みを通して、環境の大切さを伝える活動や地産地消の取り組みなどを行い、全国に活動の輪を広げています。ミツバチは環境指標生物の一つで、ミツバチがいる環境は花や緑が豊かで安全です。ミツバチは花粉を選ぶことでさらに緑化が広がり、緑あふれるまちづくりに貢献してくれます。日本ミツバチは大人しく、花がないところに降りてくることもなく、またこちらから危害を加えない限り襲ってくることもないと聞いています。今年4月から6月頃には、若水の巣箱から蜂蜜が収穫されます。日本ミツバチの飛行範囲が3キロメートルくらいなので、その蜂蜜は「花のみち」の花の蜜から採られたものになるでしょう。地産地消で宝塚の新しいブランドができると嬉しいですね。本市も新しく仲間に加わった2者とともに、地域の生態系や自然環境を考え緑化を推進してまいります。
 そして、2月13日には、第二庁舎での業務を開始します。第二庁舎には、たからっ子総合相談センター「あのね」を開設します。保健、福祉、教育の各分野間の情報連携を可能にし、年齢・分野で支援が途切れることのない仕組みを作りました。これまで、子どもや子育てに関してどこに相談すればよいか分からないような悩みを抱えたまま、不安になっている方がいらっしゃいましたが、これからは「あのね」が総合相談窓口として、小さな悩みでもしっかり受け止め、関係部署が連携して支援を行います。子どもからの相談も受け付けます。少しでも、辛い思いをする子どもや子育て中の方が減るよう、今後もしっかりと支援してまいります。



このページに関するお問い合わせ

企画経営部 市長室 秘書課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2060 ファクス:0797-77-2080
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。