エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 健康・福祉 > 食育 > 簡単に作れるメニュー > 主食 > 高野豆腐のそぼろ丼


ここから本文です。

高野豆腐のそぼろ丼

ID番号 1020481 更新日  平成29年5月19日  印刷

高野豆腐のそぼろ丼

高野豆腐のそぼろ丼

高野豆腐は、たんぱく質、食物繊維、鉄分、カルシウムなどの栄養豊富で保存ができる便利な食材です。本来は、煮崩れしないようぬるま湯で戻して調理しますが、高野豆腐そぼろはあえて熱湯で煮ることで崩しながら調理します。丼だけでなく、様々な料理にアレンジできる便利な一品です。

材料(2人分) 1人分あたり エネルギー:490kcal 食塩相当量:1.5g

ごはん     300g 
高野豆腐    2枚  
水       300CC   
みりん     大さじ1    
しょうゆ    大さじ1 
酒       大さじ1
卵       2個
油       適量 
いんげん    4本       

作り方

  1. 鍋に水をわかし、高野豆腐を戻さずに入れる。フォークなどでつぶしながらそぼろ状になるまで煮る。(水が少なくなったら適宜加える)
  2. 1にみりん、しょうゆ、酒を加え、弱火で5から10分位煮る。
  3. いんげんをさっと茹で、斜め薄きりにする。
  4. 炒り卵を作る。フライパンに油を熱し、とき卵を流し入れ、かき混ぜながら炒める。
  5. ごはんを盛りつけた丼に、2,3を盛り付ける。いんげんを盛り付けできあがり。

宝塚栄養士会地域活動部ロゴ

 協力:宝塚栄養士会地域活動部 
 

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康推進室 健康推進課(健康センター)
〒665-0827 宝塚市小浜4丁目4番1号
電話:0797-86-0056 ファクス:0797-83-2421
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。