宝塚市地域生活支援拠点等の整備について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1041897 更新日  2021年4月26日

印刷大きな文字で印刷

地域生活支援拠点等の整備について

 地域生活支援拠点等には、障碍(がい)児者が地域で自立して生活するうえでの居住支援のための機能((1)相談 (2)緊急時の受け入れ・対応 (3)体験の機会・場 (4)専門的人材の確保・養成 (5)地域の体制づくり)があります。                                                                                     宝塚市では令和3年度4月から、地域における複数の機関が分担して機能を担う体制(本市全体としての面的整備)にて制度設計及び運用を開始します。

【相談支援体制の充実に向けて】                                                                                                           ●相談窓口として委託相談支援事業所を市内7か所に配置いたします。                                                                                       障碍(がい)のある方が安心して生活していくために必要な支援を見極め、社会資源との橋渡しを行うコーディネーターの役割を果たします。

●市直営で基幹相支援センターを開所いたします。                                                                                                基幹相談支援センターは委託相談支援事業所に対するスーパーバイズ及び困難ケースへの対応フォローを行います。相談支援を核とした社会資源をつなぎ合わせ、対応できる体制を整備します。

 

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 福祉推進室 障碍(がい)福祉課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁グランドフロアー
電話:0797-77-9110(手帳・自立支援医療担当) 0797-77-2077
   0797-77-2287(基幹相談支援センター)
ファクス:0797-72-8086
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。