活動日記

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1001538 更新日  2022年11月1日

印刷大きな文字で印刷

令和4年10月の活動日記

10月10日(月曜日・祝日) 第40回宝塚民謡民舞の祭典

第40回宝塚民謡民舞の祭典

 ソリオホールで開催された、第40回宝塚民謡民舞の祭典に出席しご挨拶しました。

 宝塚民謡民舞の会は、市内で活動している民謡民舞、津軽三味線、太鼓、尺八などの団体の皆さんが、日ごろのお稽古の成果を発表する場となっています。オープニングは新宝塚音頭の楽しい雰囲気で始まり、津軽三味線の迫力ある合奏に圧倒されました。大人に混じって堂々と演奏する子どもさんの姿も見られました。市民の皆さんが伝統芸能に親しみ、日々の練習に励みながら、地域の文化として継承してくださることはとても大切なことです。ぜひ、後世に受け継がれていくよう願っています。

10月9日(日曜日) 末成ジュニア・ウインズ(末成小学校少年少女音楽隊)「輝け♪みんなの音~復活スペシャル~」

末成ジュニア・ウインズ(末成小学校少年少女音楽隊)「輝け♪みんなの音~復活スペシャル~」

 末成小学校で開催された、末成ジュニア・ウインズ(末成小学校少年少女音楽隊)「輝け♪みんなの音~復活スペシャル~」に出席しました。

 この2年ほどの間は、新型コロナウイルス感染症の拡大により、思うように練習ができない日々が続いてきた中で、オンライン練習を取り入れながら活動を続けてこられたと伺いました。3年ぶりの演奏会での皆さんの演奏は、聴いている人の心を明るくするような元気を与える素晴らしいものでした。

 これからも皆さんの音楽を通して、多くの人々を勇気づけてくださいね。

10月9日(日曜日) 第137回宝塚植木まつり

第137回宝塚植木まつり

 10月7日(金曜日)から10日(月曜日・祝日)までの4日間、山本新池公園にて、宝塚市と宝塚市花き園芸協会の主催により、第137回宝塚植木まつりを開催しました。会場では、花苗・植木の販売や園芸相談、市花となったダリアに関するイベントのほか、県内で生産された庭園樹や盆栽、切り花など、観賞植物の品評会を同時に開催し、農林水産大臣賞をはじめとする各受賞作品を含めた約250点もの作品を会場内とあいあいパークにて展示しました。

 9日(日曜日)には、宝塚市花き園芸協会の阪上和彦会長にご案内いただきながら、各作品を観覧しましたが、長い歳月をかけて育てあげられた盆栽から、可愛らしい切り花まで展示され、千年以上の歴史を有する宝塚市の花き植木産業の技術と伝統を改めて感じることができました。

 あいにくの天気が続きましたが、晴れ間には多くの方にお越しいただき、ご来場・ご出店の皆さま、その他関係者の皆さまにおかれましては感謝を申し上げますとともに、今後も、宝塚の花き植木・園芸の魅力を市内外に発信してまいります。

10月9日(日曜日) 特定非営利活動法人宝塚高次脳機能障害者共生の会「10周年の集い」

特定非営利活動法人宝塚高次脳機能障害者共生の会「10周年の集い」

 宝塚市総合福祉センターで開催された、特定非営利活動法人 宝塚高次脳機能障害者共生の会・地域活動支援センターWakaba「10周年の集い」にお招きいただき、出席しました。

 地域活動支援センターWakabaの設立にあたっては、NPO法人宝塚高次脳機能障害者共生の会の皆様が熱い思いで力を合わせて、開所に至りました。当事者とご家族の方々が、家族会、交流会、講演会の開催にご尽力された、まさに皆様の総力の結晶です。

 これからの福祉を考えるときのキーワードは、「地域」と「共生社会」だと思います。児童、高齢、障碍、生活困窮など属性や世代に関係なく、支援する人、支援される人という一方通行の関係性ではなく、お互いに支え合えることができ、孤立することのない多様な社会参加が可能となる地域づくりが必要であり、その実現に向けて、市民の皆様と行政が一緒になって取り組んでまいります。

10月6日(木曜日) 宝塚市薬剤師会 薬と健康の習慣 講演会

宝塚市薬剤師会 薬と健康の習慣 講演会

 西公民館で開催された、宝塚市薬剤師会「薬と健康の習慣講演会」に出席しました。このイベントは、宝塚市薬剤師会の皆様により、医薬品に対する正しい知識と使い方の普及の啓発活動として開催されています。本日の講演会では、薬が体内でどのように作用して病気やけがを治すのかだけでなく、副作用や副反応についても触れられており、とても興味深い内容でした。

 高齢者の方の薬の飲み残しや、多剤服用などが問題になっておりますが、薬について正しい知識を身につけることは健康づくりに欠かせません。皆さまがこれからもますます元気で、いきいきと生活できるまちづくりに精進してまいります。

10月6日(木曜日) 第15回「づか写真同好会」写真展

第15回「づか写真同好会」写真展

 市立西公民館で開催されている、「づか写真同好会」写真展を鑑賞しました。

 同好会の代表である村山明さんに、会員15名の皆さんがどのような思いで写真を撮られたのか、1枚ずつ解説をいただきながら作品を鑑賞しました。会員の平均年齢は80歳とのことですが、どの作品からも熱い気持ちが伝わり、大変楽しいひと時を過ごすことができました。また来年の写真展を心待ちにしております。

10月5日(水曜日) 囲碁名人戦第4局開会式

囲碁名人戦第4局開会式

 本市を開催地として、第47期名人戦第4局の対局が行われるにあたり、宝塚ホテルにて開会式が開かれましたので、出席しました。

 ここ宝塚市を舞台に井山 裕太名人、そして、芝野 虎丸九段の日本を代表するお二人が熱戦を繰り広げられます事をとても嬉しく思います。囲碁ファンの皆様や対局者のお二方、また関係者の皆様方に、この機会にぜひ宝塚市の魅力を満喫していただければと願っております。

10月4日(火曜日)ランランバス本格運行2周年記念式典

ランランバス本格運行2周年記念式典

 月見山・長寿ガ丘地域を運行するランランバスの本格運行周2年記念式典に出席しました。

 月見山・長寿ガ丘地域の皆様の熱意により令和2年10月に本格運行を開始したランランバスは、本年で2周年を迎えます。平成30年の天災によりやむを得ず前事業者が撤退し、一時は交通空白地となってしまった月見山・長寿ガ丘地域ですが、地域の皆様の強い願いと事業者である株式会社フクユの皆様の力でランランバスは復活し、現在も地域の皆様の生活を支えています。

 今後も、ランランバスが運行し続けることで、月見山・長寿ガ丘地域の魅力はより高まり、もっと住みたい、住み続けたい地域となるように祈っています。

10月2日(日曜日) 第24回宝塚市手工芸公募展 表彰式

第24回宝塚市手工芸公募展 表彰式

 ソリオホールで開催された「第24回宝塚市手工芸公募展 表彰式」に出席しました。

 昨年に引き続き、今年も感染症対策を徹底し、宝塚市手工芸協会員の皆様をはじめ、多くの方々のご尽力により開催されました。 

 本市と姉妹都市である松江市をはじめ、震災を契機に交流を続けている宮城県や熊本県を含む全国から出品があり、いずれの作品も創造性と技術力を兼ねそろえた力作ぞろいで、見ごたえ十分でした。

 コロナ禍にあって、出品者の作品に込められた思いや願いに触れ、温かい気持ちになりました。今後も、引き続き皆様が素晴らしい作品を生み出されるよう願っています。

10月2日(日曜日) 「八卦杯」太極柔力球日本選手権大会

「八卦杯」太極柔力球日本選手権大会

 「八卦杯」太極柔力球日本選手権大会が宝塚市において開催されました。多くの方をお迎えできましたことをとても嬉しく思います。

 太極柔力球は、太極の論理を活用し、ラケットで砂の入ったボールを操り、ゆったりと全身で行うことが特徴のニュースポーツです。全国レベルの演舞は、ラケットとボールが一体となったように感じるほど優雅で美しい演舞でした。

 今後も太極柔力球競技がより普及し、盛んな世代間交流が行われることを願っております。

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

企画経営部 市長室 秘書課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2060 ファクス:0797-77-2080
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。