認知症に関する相談

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1013018 更新日  2021年2月1日

印刷大きな文字で印刷

認知症は「早期発見・早期治療」が大切です

認知症かも?と思ったらお早めにご相談ください!

認知症とは、いったん発達した知能が、脳やからだのさまざまな病気によって、普段の社会生活に支障をきたすまで低下した状態を総称して言います。
この状態は一時的ではなく、継続して記憶力や見当力(時間、場所、人を識別できること)、判断力、計画力などに障がいがみられます。
認知症の兆候や進行は周囲の方が気づいてあげることも大切です。

認知症は誰でもかかる可能性がありますが、適切な治療によって進行を遅らせることができます。
「年だからよくあること」と思わず、認知症かも?と思ったら、かかりつけ医や専門医を受診しましょう。

 

地域包括支援センター

地域包括支援センターでは、認知症や高齢者虐待、介護など高齢者の生活をあらゆる面からサポートする総合機関です。市内に7つのセンターがあり、担当地域割りを行っています。詳細については下記をご覧ください。

こころのケア相談(予約制) 

第2・4木曜日 13:30~16:00

面接相談  宝塚健康福祉事務所  電話 0797-72-0054

 

認知症疾患医療センター

「認知症疾患医療センター」とは、認知症患者とその家族が住み慣れた地域で安心して生活ができるための支援の一つとして、都道府県や政令指定都市が指定する病院に設置するもので、認知症疾患における鑑別診断、地域における医療機関等の紹介、問題行動への対応についての相談の受付などを行う専門医療機関です。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 安心ネットワーク推進室 高齢福祉課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2067(高齢者バス・タクシー運賃助成担当) 
        0797-77-2075(おむつ給付・住宅改造担当)
        0797-77-2068(権利擁護・介護予防・高齢者相談一般担当) 
ファクス:0797-71-1355
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。