第25回身体障害者補助犬シンポジウムを開催します🐾

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1047412 更新日  2023年10月25日

印刷大きな文字で印刷

第25回身体障害者補助犬シンポジウム~楽しく学ぼう介助犬🐾~

身体障害者補助犬シンポジウムについて

 宝塚市ではすべての人に優しいまちづくりを目指して、1999年に「介助犬シンシアのまち」を宣言。同年には1回目となるシンポジウムを開催しました。このシンポジウムは、補助犬への理解を広める目的から毎年開催しており、今回で25回目の開催となります。従来から、補助犬による介助動作のデモンストレーションや補助犬使用者によるトークショーを行ってきました。今年度は、兵庫介助犬協会の協力のもと、介助犬トレーニングの体験イベントを行います。実際にトレーナーからトレーニング方法を学び、PR犬に対し介助動作の指示を出したりしてもらいます。そして、イベントの最後には体験してもらったことを発表してもらいます。

  • シンシアとは、宝塚市大使であり介助犬使用者でもある木村佳友さんの初代介助犬です。
  • イベントに来てくれるPR犬は、ココス(メス5歳、ラブラドールとゴールデンの雑種)とアリシア(メス5歳、ゴールデンレトリバー)です。

イベント当日のタイムスケジュール

開催場所:市立中央図書館 2階 集会室(宝塚市清荒神1丁目2-18)
時間 内容
14時00分

開会

 主催者代表あいさつ
 宝塚市長 山﨑 晴恵
14時05分

紙芝居「グッドガール シンシア」の読み聞かせ

 指導:吉江麻樹さん(兵庫県立ピッコロ劇団俳優)

 上演:宝塚市内の小中学生3人

14時30分

介助犬動画の上映

 大阪芸術大学短期大学部

 制作:メディア、芸術学科 メディアコース

 アフレコ:メディア、芸術学科 声優コース

14時55分

介助犬デモンストレーション
 実演:北澤光大さん、井土希さん(NPO法人兵庫介助犬協会トレーナー)

 PR犬:アリシア、ココス

15時15分

親子で介助犬トレーナーに挑戦

 指導:北澤光大さん、井土希さん(NPO法人兵庫介助犬協会トレーナー)

 発表:抽選で選ばれた親子6組

15時45分 介助犬に関する質問コーナー
15時55分

閉会

 閉会あいさつ

 稲垣 淳(毎日新聞阪神支局長)

 

ラブラドールとゴールデンの雑種である介助犬のココス
介助犬PR犬のココス

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 福祉推進室 障碍(がい)福祉課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁舎1階
電話:0797-77-9110(手帳・自立支援医療担当) 0797-77-2077
   0797-77-2287(基幹相談支援センター)
ファクス:0797-72-8086
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。