宝塚市次世代育成支援行動計画(子ども・子育て支援事業計画)[H27~R6]

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1010843 更新日  2021年3月24日

印刷大きな文字で印刷

宝塚市次世代育成支援行動計画たからっ子「育み」プラン(子ども・子育て支援事業計画)

 平成26年(2014年)12月に「宝塚市次世代育成支援行動計画たからっ子「育み」プラン前期計画(宝塚市子ども・子育て支援事業計画)」を策定し、令和2年(2020年)2月に同プラン後期計画を策定しました。計画の内容につきましては、下記のとおりです。
 計画書は、市子ども政策課及び公共施設(サービスセンター・サービスステーション、各地域児童館・子ども館、各公民館、公私立幼稚園・保育所など)の窓口で閲覧できます。また、同施設にて概要版を配布しています。

令和2年(2020年)~令和6年(2024年)後期計画

本編
概要版

第2期宝塚市ども・子育て支援事業計画の見直しについて

 第2期宝塚市子ども・子育て支援事業計画については、子どもをとりまく環境や国の方針・社会情勢の変化等を踏まえ、見直しの必要性が生じた場合は、適宜見直しを行うこととしています。
 計画にもとづいて施設整備を行い、待機児童解消を目指しているところですが、計画内容に一部変更が生じたため、計画の見直しを実施しました。見直しの内容については下記のリンク先をご覧ください。

平成27年(2015年)~令和元年(2019年)前期計画

本編
概要版

宝塚市子ども・子育て支援事業計画の中間年の見直しについて

 宝塚市子ども・子育て支援事業計画については、子どもをとりまく環境や国の方針・社会情勢の変化等を踏まえ、見直しの必要性が生じた場合は、適宜見直しを行うこととしています。
 計画にもとづいて施設整備を行い、待機児童の解消を目指してきましたが、平成29年(2017年)4月時点で待機児童の解消には至っていないため、国の指針に基づき、計画の中間年にあたる平成29年度(2017年度)に見直しを実施しました。見直しの内容については下記のリンク先をご覧ください。

宝塚市次世代育成支援行動計画(子ども・子育て支援事業計画)ができるまで

宝塚市次世代育成支援行動計画(子ども・子育て支援事業計画)策定の背景・目的

 本市では、平成9年度(1997年度)に児童育成計画「エンゼルプラン宝塚」を策定し、計画期間が終期を迎える平成16年度(2004年度)までの間、保育所や児童館の整備の他、児童虐待防止ネットワークの構築など様々な施策を行ってきました。
 計画期間の終了にあたって、国において、少子化対策や子育て支援を強化する必要性から法律の制定や改正が行われ、地方公共団体等に「次世代育成支援行動計画」の策定が義務付けられました。こうした状況を受けて、平成17年(2005年)に「エンゼルプラン宝塚」を包含した「宝塚市次世代育成支援行動計画たからっ子『育み』プラン」前期計画を、平成22年(2010年)に同プランの後期計画を策定し、計画に基づいて子ども施策を推進してまいりました。

 平成27年(2015年)4月には、質の高い幼児期の学校教育・保育の総合的な提供、保育の量的拡大、地域の子ども・子育て支援の充実を推進するため、「子ども・子育て支援新制度」がスタートし、「子ども・子育て支援事業計画」の策定が義務付けられました。
 子どもの貧困対策については、平成26年(2014年)1月、国において「子どもの貧困対策の推進に関する法律」が施行され、同年8月「子ども(※正しくは「供」)の貧困対策に関する大綱について」が閣議決定されました。令和元年(2019年)6月には同法律が改正され、市町村が大綱を勘案して子どもの貧困対策についての計画を定めるよう努める旨が規定されました。

 本市においても、引き続き子ども施策を総合的に推進するため、平成26年(2014年)12月に「宝塚市次世代育成支援行動計画たからっ子『育み』プラン」の前期計画を策定し、令和2年(2020年)2月に同計画の後期計画を策定しました。前期計画・後期計画とも、子ども・子育て支援事業計画と一体的に策定し、母子保健計画を包含しています。さらに後期計画では、子どもの貧困対策計画も包含しています。

 計画の策定にあたって、子育て中の方の状況やご意見、子育てに関するニーズなどを把握し、計画策定の基礎資料とするために、平成25年度(2013年度)及び平成30年度(2018年度)に、市民の方を対象としたアンケート調査を実施しました。今後も引き続き、市民の皆さまと一緒に、子どもが健やかに育つ環境や安心して子どもを産み育てられる環境整備に取り組んでまいります。
 アンケート調査結果報告書について、詳しくは下記リンク先をご覧ください。

宝塚市次世代育成支援行動計画の取り組み状況

 次世代育成支援に関する取り組み状況について、下記のとおり報告します。

令和3年度(2021年度)

令和2年度(2020年度)

平成31年度/令和元年度(2019年度)

平成30年度(2018年度)                                                                                                                                                                                                             

平成29年度(2017年度)

平成28年度(2016年度)

平成27年度(2015年度)

宝塚市子ども審議会

 上記計画の円滑な推進を図るため、平成19年(2007年)4月から宝塚市子ども審議会を設置しています。また、この審議会は子ども・子育て支援法に基づく地方版子ども・子育て会議として位置づけています。

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

子ども未来部 子ども家庭室 子ども政策課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁2階
電話:0797-77-2419 ファクス:0797-77-2800
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。