住民登録・戸籍届・外国人住民の方 よくある質問

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 5001485 更新日  2022年11月15日

印刷大きな文字で印刷

質問戸籍謄本と戸籍全部事項証明書の違いはなんですか?

回答

「戸籍謄本」とは、その戸籍に記載されている内容の全てを証明するものです。コンピュータ化された後の戸籍(磁気ディスクに記録された横書きの戸籍)の謄本は、「戸籍全部事項証明書」という名称になりますので、「戸籍謄本」と「戸籍全部事項証明書」は同じものです。

「戸籍抄本」とは、その戸籍に記載されている方のうち一部の方についての内容を証明するものです。「謄本」と同じように、コンピュータ化された後の戸籍(磁気ディスクに記録された横書きの戸籍)の抄本は、「戸籍個人事項証明書」という名称になりますので、「戸籍抄本」と「戸籍個人事項証明書」は同じものです。

戸籍に記載された方全員が「除籍」となっている場合、または転籍などで戸籍全体が「除籍」となっている場合は、その除籍に記載されている内容のすべてを証明するものは「除籍謄本」であり、コンピュータ化されている場合は「除籍全部事項証明書」です。

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 市民生活室 窓口サービス課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2050(管理・住基担当) 0797-77-2184(証明・郵便請求担当)
   0797-77-2066(年金担当)  0797-77-2217(マイナンバー担当)
ファクス:0797-76-2006
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。