森林の伐採について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1026323 更新日  2021年1月7日

印刷大きな文字で印刷

森林の伐採には届出書の提出が必要です。

 地域森林計画の対象となっている森林の立木を伐採する場合は、森林法第10条の8の規定により、事前(90-30日前)に「伐採及び伐採後の造林届出書」の提出が義務付けられています。

 また、平成28年5月の森林法改正に伴い、平成29年4月以降、伐採及び伐採後の造林届出書を提出された方は、事後に市長へ状況報告が必要となりました。

 市長が宝塚市森林整備計画に適合した施業が行われるよう、届出があった計画に対し変更や遵守を命じることがあります。また、無断で伐採した場合等には、伐採の中止及び造林を命じることがあります。

 

【注意事項】

 ・0.8ha~1ha未満の伐採は、伐採届に加え、小規模開発計画書の提出が必要です。

 ・1ha以上の伐採は林地開発となり、林地開発許可の手続きが必要となります。

 ・また、保安林に指定されている区域の場合も、手続きが異なります。

 以上の手続きの場合は、阪神北県民局(阪神農林振興事務所)へお問い合わせください。

提出対象者

 森林所有者や立木を買い受けた方

  ※立木を伐採する方と伐採後の造林を行う方が異なる場合は、共同で提出してください。

伐採及び伐採後の造林届出について

※伐採を始める90日前から30日前までに提出が必要です。

【提出書類】

  • 伐採及び伐採後の造林届出書(以下でダウンロード可能です)押印は省略で結構です。
  • 位置図(伐採区域を朱書きしたもの)
  • 法務局の公図(写し可)
  • 土地登記簿謄本(写し可)

(必要に応じて)

  • 委任状
  • 土地所有者の同意書

伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告について

※転用または造林を完了した日から30日以内に提出が必要です。

【提出書類】

  • 伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書(以下でダウンロード可能です)押印は省略で結構です
  • 状況がわかる写真

提出しなかった場合、罰則があります。

  • 伐採及び伐採後の造林の届出:100万円以下の罰金(森林法第208条)
  • 伐採及び伐採後の造林に係る状況報告:30万円以下の罰金(森林法第210条)

このページに関するお問い合わせ

産業文化部 産業振興室 農政課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2036(農政課) 0797-77-2110(農業委員会)
ファクス:0797-77-2133
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。