受益者負担の適正化について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1044301 更新日  2024年1月25日

印刷大きな文字で印刷

受益者負担適正化ガイドラインの策定

 本市では、使用料や手数料などの受益者負担の適正化については、令和3年7月に策定した宝塚市行財政経営方針において、一定の基準に基づき、事業継続の観点で使用料や手数料などの受益者負担の適正化を進めることとしています。

 受益者負担については、受益者と非受益者における負担の公平性、公正性を確保し、行政サービスの持続可能性を高めるため、適正化を図っていく必要があることから、ガイドラインを策定しています。

 本ガイドラインに基づき、行政サービスを提供するために必要な費用(原価)に対し、受益者と非受益者における負担の公平性、公正性を確保するため、受益者に対してどの程度負担を求めることが妥当か、十分な検証をおこない、適正化に努めてまいります。

受益者負担適正化ガイドラインに基づく算定結果

 令和5年度に算定対象とした使用料及び手数料についての算定結果を掲載します。
 算定結果については、添付ファイル「受益者負担的成果ガイドラインに基づく使用料・手数料の算定結果について」をご確認ください。

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

企画経営部 業務改革推進課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁舎4階
電話:0797-77-4571
ファクス:0797-72-1419
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。