ウィーン市の交通・産業

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1002682 更新日  2014年11月10日

印刷大きな文字で印刷

ホーフブルク宮殿の写真

交通
路面電車、地下鉄、バス
第9区は南北、東西とも約2キロメートルと狭いので、徒歩でも十分移動できるが市内全体では、路面電車、地下鉄でほとんどのところに行ける。
リンク内では、駐車の問題があるので、レンタカーの利用は旅行者には勧められない。
産業、医療ほか
ウイーン市は、国がワイン生産のために指定したブドウ畑があり、世界で唯一ワインを産する首都である。
第9区ゆかりのクロスターノイブルグにはオーストリアで最も古いワイン醸造学校があり、現在も、研究と後継者の養成が続けられている。
第9区には、ハプスブルグ家が1733年に建てた市民病院がある。
ほか、ウィーン市立総合病院、子ども病院、ウィーン大学病院などの医療施設が集中している。
有名な心理学者のフロイトも診察室を開いていた。
また、第9区は全域が住宅・商業地域で、有名な芸術家フンデルト・バッサーのデザインによる市営住宅と「芸術的な清掃工場」(焼却場)がある。

ウィーン市街地の写真

このページに関するお問い合わせ

産業文化部 宝のまち創造室 文化政策課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁舎3階
電話:0797-77-2009 ファクス:0797-77-2171
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。