ウィーン市第九区(通称 アルザーグルント)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1002683 更新日  2014年12月2日

印刷大きな文字で印刷

美術史博物館(KHM)の写真

所在地
オーストリア共和国ウィーン市の北西部
日本との時差は、8時間(夏時間採用期間は7時間)の遅れ
人口
約45,000人
面積
2.99平方キロメートル
(ウィーン市は23区からなり、面積は414平方キロメートル)
第9区の誕生
1862年
現在リンクとなっている城壁にシュテファン門があったが、これを取り除いた時、門の外側にあったアルス川沿いの7つの村をまとめて1つの区とし、ウィーン市へ編入。アルザーグルンドと呼称した。
区を代表する植物

カーネーションとカスタニエ(仏語名 マロニエ)が市花と市木に準ずる。

ウィーンの緯度は樺太と同じであるが、比較的温暖で青森県と同じくらいの気温である。
面白いのは、すみれなどの春の花がゼラニウム、ペチュニアなどの夏の花と競いあって咲いていることである。

ウィーンでは、年間雨量が適度にあるので、桧やモミなどからなる森林はたいへん豊かで、西の郊外の丘陵地帯は「ウィーンの森」として有名。
また、気候がブドウの生育に適し、古代ローマ時代から品種改良に取り組み栽培されてきた。

このページに関するお問い合わせ

産業文化部 宝のまち創造室 文化政策課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁舎3階
電話:0797-77-2009 ファクス:0797-77-2171
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。