環境マネジメントシステムについて

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1000676 更新日  2021年9月16日

印刷大きな文字で印刷

宝塚市役所では、一事業者として省エネルギー化、省資源化を目指し、国際規格である「ISO14001」の認証を取得した環境マネジメントシステムの運用により、取り組みを進めてまいりました。認証により、ノウハウや環境マネジメント手法を蓄積したうえで、より当市に合う独自のシステムの必要性が高まったことから、「ISO14001」の認証登録を返上し、平成23年12月18日より宝塚市の独自システムの運用を開始しました。

※「ISO14001」とは?

 ISO14000シリーズは、環境マネジメントシステムを中心として、環境監査、環境パフォーマンス評価など、環境マネジメントを支援する様々な手法に関する規格から構成されています。この中で中心となるのが、「環境マネジメントシステムの仕様」を定めているISO14001です。

宝塚市環境基本方針

「環境」を行政運営における重要な要素の1つとして第5次宝塚市総合計画で位置づけ、すべての事務事業において、環境に配慮して行動すると市長が表明しているものです。

宝塚市環境マネジメントシステムの対象範囲、推進体制

このマネジメントシステムで取り組む範囲は、市が行う事務・事業や市の施設で、委託事務事業・管理委託施設も、できる限り沿った措置をとっています。

課単位で業務における環境配慮について目標を立て、課長や施設長を「環境リーダー」とし、目標の達成に向けてすべての職員(臨時的任用職員も含む)が取り組んでいます。

取り組んだ内容について市長部局では部長を「環境マネージャー」として、所管する部局全体の取り組みについて、環境に配慮されているか確認・評価し、必要に応じて是正の指示をしています。

このような仕組みにより、それぞれの課の業務に即した環境配慮を行い、市全体としての環境マネジメントの推進につなげています。

エネルギー使用量等削減目標と取組内容・取組結果

庁舎や市関連施設で使用する電気や都市ガス、水道、紙といったエネルギーや資源の削減に取り組んでいます。

なお、省エネルギーについては、着実な削減を達成できるように、削減目標を設けたECOオフィスプラン【第4次宝塚市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)】を策定しています。

年度ごとに取り組んだ結果については、HPに掲載し、公表しています。

環境監査

環境マネジメントシステムを確実に推進し取り組んでいくために、年に1回各課ごとに業務内で環境配慮に対する取組み内容について、他部署の職員が監査しています。

また、環境マネジメントシステムの仕組みや運用についても、他市職員による監査を受け、指摘やアドバイスを得て、より良いシステムになるよう取り組んでいます。

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境室 地域エネルギー課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2361 ファクス:0797-71-1159
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。