災害時における災害復旧に係る支援業務に関する協定

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1038319 更新日  2020年6月1日

印刷大きな文字で印刷

災害時における災害復旧に係る支援業務に関する協定(公益社団法人 全国上下水道コンサルタント協会)

公益社団法人 全国上下水道コンサルタント協会と宝塚市上下水道局が「災害時における災害復旧に係る支援業務に関する協定」を令和2年(2020年)6月1日に締結しました。

1.協定締結目的

 上下水道は電気やガス等と並んで市民生活に不可欠な基盤施設です。災害等で上下水道施設の機能が停止すると、市民の生活、社会活動等に極めて大きな影響を与えることとなります。

 将来、南海、東南海巨大地震の発生が危惧されており、長期間にわたり上下水道を使用できない状況が予測されています。被害状況を的確に把握し、上下水道施設を早急に復旧して、市民生活を元に戻すことが求められています。

 災害復旧には国の災害復旧費が必要で、国が行う災害査定を受けなければなりません。災害査定に必要な調査や査定設計書を作成するために知識や多くの人材が必要であることから、被害調査等にかかる人材を早期に調達し、災害復旧を迅速に行うため本協定を締結しました。

2.締結相手

 公益社団法人 全国上下水道コンサルタント協会 関西支部

(大阪市北区中之島6丁目2番40号)

3.支援内容

 施設に被害が発生した箇所等について、宝塚市上下水道局が実施した被災調査結果に基づき、復旧のための査定図書作成及び修正を行うこと。

 

添付ファイル

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

上下水道局 経営管理部 総務課
〒665-0032 宝塚市東洋町1番3号 上下水道局庁舎1階
電話:0797-73-3688 ファクス:0797-72-5381
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。