マンション大規模修繕工事に関する情報提供について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1027278 更新日  2021年3月11日

印刷大きな文字で印刷

【国土交通省からのお知らせ】

マンション大規模修繕工事に関する実態調査を初めて実施

~工事を発注しようとする管理組合等が適正な見積りかどうか検討する際の指標となります~

(国土交通省ホームページより抜粋)

国土交通省は、管理組合等によるマンション大規模修繕工事の発注等の適正な実施の参考となるよう、大規模修繕工事の金額、工事内訳及びその設計コンサルタント業務の実施内容に関する実態調査を初めて実施し、その内容を公表しました。

大規模修繕工事を実施しようとする管理組合等が、設計コンサルタントや施工会社から提出される見積り内容と本調査結果とを比較して事前に検討することにより、適正な工事発注等に活用されることが期待されます。

 

詳しくは下記外部リンクから国土交通省ホームページをご覧ください。

【独立行政法人住宅金融支援機構からのお知らせ】

マンションライフサイクルシミュレーション~長期修繕ナビ~のご紹介

~独立行政法人住宅金融支援機構が作成した無料で使えるツールです~

(住宅金融支援機構ホームページより抜粋)
 マンション管理組合の皆さまは、大規模修繕工事の実施にあたり「施工者から受け取った見積書の工事費が妥当かどうかわからない」、「今後、修繕積立金をどのくらい増額すればいいのか」という疑問や課題を抱えているともいわれています。

 マンションライフサイクルシミュレーション~長期修繕ナビ~では、建物規模、築年数などに応じたマンションの「平均的な大規模修繕工事費用」、今後40年間の「修繕積立金の負担額」「修繕積立金会計の収支」などを試算できます。大規模修繕工事の見積額が妥当かどうかを判断する材料として、ローン利用も視野に入れた修繕積立金の収支計画の確認のための材料として、または長期的視点で積立金徴収計画を見直す際の検討資料としてご活用いただけます。

【試算内容について】

  1. 今後必要となる大規模修繕工事の概算費用(総額・工事項目別)
  2. 現状の修繕積立金の収支状況(過不足状況)及びキャッシュフロー
  3. 見直し後の修繕積立金の収支状況(過不足状況)及びキャッシュフロー
  4. 今後40年間の収支計画   など

詳しくは下記外部リンクから住宅金融支援機構ホームページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

都市整備部 建築住宅室 住まい政策課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁2階
電話:0797-77-2018 0797-77-4572(空き家対策担当)
ファクス:0797-74-8997
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。