笑福亭 呂鶴

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1009019 更新日  2019年6月8日

印刷大きな文字で印刷

笑福亭呂鶴さんの写真

笑福亭 呂鶴(しょうふくてい ろかく)

落語家
平成15年度大阪文化祭奨励賞受賞

活動

昭和25(1950)年6月22日、宝塚市川面に生まれる。
宝塚幼稚園、宝塚小学校、宝塚中学校を卒業し、県立伊丹高校に入学。在学中は「落語研究会」に入り大活躍する。
高校卒業後、六代目笑福亭松鶴(昭和61(1986)年没、享年69歳)の弟子となり、4年間の修行中に15本のネタを稽古してもらう。
テレビ、ラジオで活躍していたが、古典落語に打ち込むためひかえる。現在持ちネタは80本を超えるが得意なものは「植木屋娘」、「三枚起請」などがある。
昭和56(1981)年から年1回、独演会を催し好評を得る。また、昭和53(1978)年4月から兄弟弟子 松喬、松枝、松葉と4人で「おそばと落語の会」を月一回開催(現在は若手が引き継ぐ)。
平成6(1994)年、宝塚市から「善意の人賞」を授与(10年間ちゃりてぃ寄席の収益金を市の福祉施設に贈ったことに対して)。
平成15(2003)年「大阪文化祭奨励賞」受賞。
公益社団法人上方落語協会 理事

宝塚市について一言

上方落語四天王と云われた松鶴、米朝、三代目春団治、五代目文枝の師匠たちが、若手の頃に宝塚で落語会を2,3か月に1回くらいやっておられました。いわば落語と宝塚は非常に深いつながりがあったのです。私も宝塚が笑いの多いまちとなるように、精一杯頑張ってまいります。


ここで掲載されている写真画像は許可なく使用することを禁止します。

このページに関するお問い合わせ

企画経営部 政策室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。