川下川ダムの貯水量と貯水率

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1001668 更新日  2021年9月21日

印刷大きな文字で印刷

「川下川ダム」と宝塚市の上水道専用の水がめ「川下川貯水池」

川下川貯水池の画像

川下川ダムは、宝塚市における上水道用水の確保を目的として建設された宝塚市上下水道局上水道専用の中心コア型ロックフィルダムです。
長尾山地に源を発する武庫川中流域の支流である川下川にダムをつくり、雨や雪解け水などが多い時に水を蓄えます。川下川貯水池は、雨量が少なく日照りが続くときでも安定して水道水を供給するための大切な宝塚市の水がめです。蓄えられた水は惣川浄水場に送り水道水になります。

供用開始 昭和52年(1977年)4月 高さ(堤高) 45メートル
形式 中心コア型ロックフィルダム 長さ(堤頂長) 262メートル
目的 上水道 湛水面積 207,000平方メートル
河川 武庫川水系川下川 有効貯水量 2,650,000立方メートル

 

川下川ダムの貯水量と貯水率

日付

貯水量(立方メートル)

貯水率(パーセント)

9月20日

2,646,000

99.8

9月21日

2,644,000

99.7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川下川ダムの2020年度の貯水量のグラフ

川下川ダムの貯水量を過去と比較したグラフ

このページに関するお問い合わせ

上下水道局 施設部 浄水課
〒665-0032 宝塚市東洋町1番3号 上下水道局庁舎2階
電話:0797-73-3689 ファクス:0797-72-6381
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。