浄水施設・貯水施設

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1001669 更新日  2021年10月7日

印刷大きな文字で印刷

宝塚市上下水道局では浄水処理を行っている施設が2箇所あります。
浄水処理を停止してポンプ場として稼働している施設が2箇所あります。 

惣川浄水場 昭和52年4月供用開始
小浜浄水場 昭和36年7月供用開始、平成22年10月建替更新
川面浄水場(浄水処理停止) 平成24年7月より送水ポンプ場として稼働
生瀬浄水場(浄水処理停止) 平成16年より送水ポンプ場として稼働
川下川ダム 水道専用ダム 惣川浄水場の水源

上記のほかに、兵庫県企業庁が運営する浄水場と、阪神水道企業団が運営する浄水場から、水道水を受水しています。

多田浄水場

兵庫県企業庁が運営する浄水場 水原は、一庫ダム

猪名川浄水場、尼崎浄水場

阪神水道企業団が運営する浄水場 水原は、淀川

 

惣川浄水場

惣川浄水場の写真

供用開始:昭和52年4月
水源:川下川ダム水
施設能力:1日あたり25,000立方メートル
特徴:宝塚市で最大規模の浄水場です。年間の水処理量は降雨量によって大きく変動します。

小浜浄水場

小浜浄水場の写真

供用開始:昭和36年7月
水源:深井戸、浅井戸
施設能力:1日あたり18,100立方メートル (現況1日あたり14,800立方メートル)
特徴:平成16年度より本格的に小浜浄水場整備工事を実施しました。浅井戸の浄水処理方法の変更と、老朽化した施設の更新を目的として平成22年度に完成しました。(平成22年10月建替工事完了)

川面浄水場(浄水処理停止)

川面浄水場の写真

平成24年7月より浄水処理を停止して、浄水池及び送水ポンプのみ稼働しています。

生瀬浄水場(浄水処理停止)

生瀬浄水場の写真

平成16年より浄水処理を停止して、浄水池及び送水ポンプのみ稼動しています。

川下川ダム

川下川ダムの現在の貯水量

供用開始:昭和52年4月
形式:中心コア型ロックフィルダム
高さ:45メートル
長さ:262メートル
集水面積:直接9.56平方キロメートル、間接9.22平方キロメートル、計18.78平方キロメートル
湛水面積(たんすいめんせき):207,000平方メートル
有効貯水量:2,650,000立方メートル
有効水深:25メートル
現在の貯水量:下記のページをご覧ください

このページに関するお問い合わせ

上下水道局 施設部 浄水課
〒665-0032 宝塚市東洋町1番3号 上下水道局庁舎2階
電話:0797-73-3689 ファクス:0797-72-6381
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。