住民票の郵送請求について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1025592 更新日  2022年12月23日

印刷大きな文字で印刷

住民票の写し、住民票記載事項証明書、除票(除かれた住民票)の写しの郵送請求についてのページです。

本人または同一世帯の方の住民票の場合

郵送請求以外にも次の方法があります。

マイナンバーカードを利用したコンビニ交付

マイナンバーカードを使って、コンビニ等のキオスク端末(マルチコピー機)から証明書を取得できます。

マイナンバーカードを利用したオンライン請求

マイナンバーカードを使って、オンラインで請求し、郵送で証明書が届くサービスです。

最寄りの市区町村窓口で請求する方法(広域交付住民票)

住民基本台帳ネットワークを利用して、宝塚市以外の市区町村役場で住民票を請求できます。受付時間や手数料、必要なものなどは、請求する市区町村にご確認ください。

郵送で請求する方法

請求できる方

  1. 本人または同一世帯の方(同じ世帯で住民登録されている方)
  2. 代理人(任意代理人または法定代理人)
  3. 第三者(必要とする正当な理由がある方)

注:同居の親族でも、別世帯で住民登録されている方の証明書は、代理人または第三者からの請求になります。

注:除票(除かれた住民票)には同一世帯の方は存在しません。亡くなられた方の除票(除かれた住民票)の写しは、生前同一世帯だったご家族からの請求でも第三者からの請求になります。

請求先

〒665-8665

兵庫県宝塚市東洋町1番1号
宝塚市役所窓口サービス課 証明担当

郵送請求に必要なもの

  1. 証明書交付請求書
  2. 本人確認書類の写し
  3. 証明書交付手数料
  4. 返信用封筒  
  5. 代理人であることを確認できる書類(代理人からの請求の場合のみ)
  6. 請求理由を明らかにする書類(第三者からの請求の場合のみ)

1.証明書交付請求書について

ダウンロードが可能な方は、こちらをご利用ください。

ダウンロードした証明書交付請求書または便せんなどに必要事項を記入してください。

必要事項
  1. 請求者の住所、氏名、生年月日、電話番号(請求内容について確認が必要な場合などに連絡しますので、日中に連絡のつく電話番号をご記入ください。)
  2. 証明書が必要な方と請求者との続柄
  3. 証明書が必要な方の住所、氏名、生年月日(請求者本人の証明書が必要な場合は省略できます。)
  4. 必要な証明書の種類(住民票、住民票記載事項証明書、除票)、通数、使用目的
  5. 必要な証明書は世帯全員分か証明が必要な方の個人分か
  6. 証明書に世帯主・続柄の記載が必要か不要か(記入がない場合は省略します。)
  7. 証明書に本籍・筆頭者の記載が必要か不要か(記入がない場合は省略します。)
  8. 外国籍の方の証明が必要な場合は、証明書に国籍や在留資格などの記載が必要か不要か(必要な項目を記入してください。記入がない場合は省略します。)
  9. 証明書にマイナンバー(個人番号)の記載が必要か不要か(記入がない場合は省略します。)
  10. 証明書に住民票コードの記載が必要か不要か(記入がない場合は省略します。)

注:マイナンバー・住民票コードの利用は法令で定められた手続に限られるため、マイナンバー・住民票コードが記載された証明書は提出先が求めている場合にしか利用できません。

注:第三者からの請求で、世帯全員分の証明が必要な場合、6・7・8の記載が必要な場合は、その理由の記入が必要です。正当な理由がなければ記載できません。マイナンバーまたは住民票コードが記載された証明書は、第三者からは請求できません。

2.本人確認書類の写しについて

請求者の本人確認書類(マイナンバーカードや運転免許証、健康保険証などで、住所・氏名が印字されているもの)の写し

  • マイナンバーカードの写しを送付される場合は、表面のみコピーしてください。
  • 運転免許証の写しを送付される場合で、裏面に住所や氏名の変更の記載がある場合は、表・裏両面をコピーしてください。
  • 健康保険証の写しを送付される場合には、記号・番号が見えないように、マスキング(塗りつぶすなど)をしてください。

3.証明書交付手数料について

1通 300円

手数料は、クレジットカードで決済する、定額小為替で送付する、現金書留を利用して現金を送付する、のいずれかの方法で納付してください。

クレジットカードで決済する方法

請求書類を郵送する前に、証明書交付手数料をクレジットカードでオンライン決済し、証明書交付請求書の右上に「決済金額」と「申請日時」を記入してください。

定額小為替で送付する方法

郵便局(ゆうちょ銀行)で手数料分の定額小為替を購入して同封してください。

  • 定額小為替は、何も記入せず、有効期間が1か月以上残っているものを送付してください。受取人の名前を記入しているもの、有効期間(発行日から6か月)を過ぎているものは、受け取れません。
  • 定額小為替によるお釣りの対応は致しかねますので、お釣りが生じないよう送付ください。
  • 必要な手数料を超える金額の定額小為替を送付された場合、手数料分の金額の定額小為替を再送付いただくまで、証明書を交付できない場合があります。
現金を送付する方法

手数料を現金で送付する場合は、必ず現金書留をご利用ください。

  • お釣りが生じないように送付してください。お釣りが生じる場合は、返信用封筒も必ず現金書留用のものをご用意ください。

4.返信用封筒について

証明書を送付するための返信用封筒(宛先を記入し、切手を貼付してください。)

  • 証明書の送付先は、原則として請求者(代理人が請求する場合は代理人)の住所地(住民登録しているところ)です。
  • 貼付された切手の金額が不足する場合は「不足分受取人払」として送付します。ただし、書留郵便や特定記録郵便の場合は、必要な郵送料分の切手の貼付がないと発送できませんので、重量超過の可能性がある場合は余裕を持った金額の切手を貼付してください。
  • 返信用封筒に貼付していない切手は紛失の恐れがありますので同封しないでください。
  • 郵便事故による不着の責任は負いかねます。心配な方は、書留郵便やレターパックをご利用ください。
勤務先への送付を希望される場合

やむを得ない事情で、請求者(代理人)の勤務先への送付を希望される場合は、請求書の余白などに送付先とその理由を記入し、下記のものを同封してください。

  • 送付する勤務先の社員であることを確認できる、社員証の写し、在職証明書など(名刺不可)
  • 勤務先の所在地が確認できる、登記事項証明書、パンフレット、ホームページの写しなど(社員証に勤務先の所在地が記載されている場合は不要)

注:マイナンバー・住民票コードが記載された証明書は、ご希望があっても本人の住所地にしか送付できません。

5.代理人であることを確認できる書類について(代理人からの請求の場合)

任意代理人の場合

本人または同一世帯の方からの委任状

注:マイナンバー・住民票コードが記載された証明書は、本人の住所地にしか送付できません。返信用封筒の宛先は、代理人ではなく委任者の住所・氏名をご記入ください。

任意代理人が法人の従業員の場合

委任状に代理人個人の住所ではなく、代理人の勤務先の法人名、法人所在地を記入している場合は、代理人が委任状に記載された法人の従業員であることの証明が必要になります。

  • 委任状に記入のある法人名・法人所在地が記載された社員証の写し、在職証明書など(名刺不可)
法定代理人の場合

親権者や未成年後見人であることが確認できる戸籍謄抄本、または後見人等であることが確認できる登記事項証明書(宝塚市が本籍地の戸籍で法定代理人であることが確認できる場合は不要です。)

注:法定代理人であることが確認できる戸籍謄抄本や登記事項証明書は、可能な限り発行から3か月以内のものをご用意ください。

注:マイナンバーが記載された証明書は、本人の住所地にしか送付できません。返信用封筒の宛先は、代理人ではなく本人の住所・氏名をご記入ください。ただし、15歳未満の未成年者の親権者または未成年後見人、成年後見人、保佐人・補助人で登記事項証明書の代理行為目録に個人番号を記載した住民票の写し等の受領について記載されている場合は、法定代理人の住所地に送付できます。

注:住民票コードが記載された証明書は、本人の住所地にしか送付できません。返信用封筒の宛先は、代理人ではなく本人の住所・氏名をご記入ください。

6.請求理由を明らかにする書類について(第三者からの請求の場合)

請求理由を明らかにする書類等(相続人であることが確認できる遺言書や戸籍謄本、債権者であることが確認できる契約書の写しなど) 

注:証明書を必要とする理由について、証明書交付請求書に具体的に記入してください。

第三者が住民票を請求できるのは、次のいずれかに該当する場合のみです。
  1. 自己の権利行使、自己の義務を履行するために住民票の記載事項を確認する必要がある場合
  2. 国又は地方公共団体の機関に提出する必要がある場合
  3. 住民票の記載事項を利用する正当な理由がある場合
請求者が法人の場合追加で必要なもの
  • 請求書に法人印または代表者印の押印
  • 従業員が請求を担当する場合は代表者が作成した委任状または社員証の写し
  • 代表者が請求を担当する場合は代表者の資格証明書
  • 証明書の送付先となる法人の所在地が記載された登記事項証明、パンフレット、ホームページの写し等

証明書が届くまでの日数について

証明書交付請求書の記入漏れや必要書類の不足などがなければ、通常、請求書類が届いてから2日から3日で発送します。ただし、受付状況や請求内容などにより、日数を要する場合があります。

  • 郵便の配達にかかる日数や、市役所の閉庁日も含め、余裕を持ってご請求ください。
  • お急ぎの方は速達の利用をおすすめします。速達で郵送いただき、返信用封筒も速達にしていただくと、郵便の配達にかかる日数が短縮できます。
  • 郵便の配達にかかる日数については、郵便局にご確認ください。

よくある質問

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 市民生活室 窓口サービス課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2050(管理・住基担当) 0797-77-2184(証明・郵便請求担当)
   0797-77-2066(年金担当)  0797-77-2217(マイナンバー担当)
ファクス:0797-76-2006
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。