仁川小 放課後遊ぼう会

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1001980 更新日  2019年6月20日

印刷大きな文字で印刷

開催の様子1

開催の様子2

開催状況

実施形態

放課後遊ぼう会型

開催場所

宝塚市立仁川小学校
運動場
コミュニティ室

開催回数

令和元年度予定 年間209回(週5回程度)
平成30年度実績 年間204回
平成29年度実績 年間233回
平成28年度実績 年間240回

平均参加者数

平成30年度 89人
平成29年度 92人
平成28年度 82人

教室のPR

市内で唯一、小学校において学校の長期休業中も含めて平日のほぼ毎日開催をしており、年間延べ約2万人の子どもたちが参加しています。
仁川小学校PTAの放課後遊ぼう会委員会や多くの保護者有志、地域住民有志の皆さまが関わり、地域団体や地域住民の皆さまからも様々なご支援を頂きながら開催しています。

開催中の子どもの様子

子どもたちはコミュニティ室と運動場を行き来しながら、やりたい遊びを思いっきり楽しんでいます。
運動場では、泥んこ遊びやドッジボール、野球、サッカー、総合遊具遊び、鬼ごっこ、テニスなどで遊んでいます。
コミュニティ室では、卓球やカプラ(積み木)、オセロ、将棋、レゴ、ドミノ、トランプ、工作などの室内遊びや宿題、読書をしています。多くの子どもたちがコミュニティ室で宿題を済ませてから遊んでいます。

認定NPO法人放課後遊ぼう会のWebサイトにて開催の様子をご覧いただけます。

特色

平成13年に仁川小学校保護者有志で遊び場づくりを始め、平成15年度からは公的支援を受けながら、ボランティアと専門職のプレイリーダーが協力して、子どもたちがいつでも誰でも自分の責任で自由に遊べる毎日の遊び場を開催してきました。
平成19年度からは、保護者を中心としたボランティアが実行委員会を組織し、宝塚市放課後子ども教室として遊び場を開催しています。
平成22年にNPO法人放課後遊ぼう会が設立されてからは、実行委員会とNPO法人放課後遊ぼう会が役割分担しながら遊び場を開催しています。
NPO法人放課後遊ぼう会所属のプレイリーダーが遊び場の安全管理や遊びの提供、ケガ対応などを担当しており、多くのボランティアが気軽に長く関わることができています。
現役の保護者だけではなく、お子さんが卒業後もボランティアを続けてくださる方や地域のボランティアさんの参加が、毎日開催を続けていくための大きな支えになっています。

仁川小放課後遊ぼう会表彰を受けました

このページに関するお問い合わせ

子ども未来部 子ども育成室 青少年課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁2階
電話:0797-77-2030 ファクス:0797-77-2800
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。