エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > よくある質問トップページ > 分野から探す > 暮らし・手続き > 市税 > 昨年、私は友人が住宅を建築して住んでいる場所の隣に、将来住宅を建てるため150平方メートルの土地を購入しました。市から送付された納税通知書を見ると、友人と同じ面積の土地にもかかわらず、友人より税額が高いのはなぜですか。


ここから本文です。

市税 よくある質問

ID番号 5000114 更新日  平成26年11月12日  印刷

質問 昨年、私は友人が住宅を建築して住んでいる場所の隣に、将来住宅を建てるため150平方メートルの土地を購入しました。市から送付された納税通知書を見ると、友人と同じ面積の土地にもかかわらず、友人より税額が高いのはなぜですか。

回答

土地の固定資産税については、住宅用地の場合、その税を軽減する特例措置があります。この住宅用地とは、その年の1月1日現在居住用の家屋が建っている土地をいい、その面積が200平方メートルまでの土地は、小規模住宅用地として課税標準額が価格の6分の1に軽減されます。あなたの税額が高かったのは、住宅が建っていないためこの特例の対象とならなかったことによるものです。

このページに関するお問い合わせ

企画経営部 市税収納室 資産税課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2058(土地担当) 0797-77-2059(家屋担当)
ファクス:0797-71-6188
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。