エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > よくある質問トップページ > 分野から探す > 暮らし・手続き > 市税 > 退職したため、市税を納めることができません。どこに相談すればよいですか。


ここから本文です。

市税 よくある質問

ID番号 5000657 更新日  令和1年11月8日  印刷

質問 退職したため、市税を納めることができません。どこに相談すればよいですか。

回答

退職により収入がなくなっても納税義務が消滅することはありません。

やむを得ない事情(災害、事業の廃止、失業、病気等)により、一時的に納税が困難な場合は、状況をお聞きしたうえで分割納付が認められる場合があります。

※各種ローン(住宅、車、カード)、収入に見合わない生活の維持・浪費、ギャンブル等の場合は「やむを得ない事情」にはなりません。ご自身で収支の見直しも行ってください。

個々の状況に応じた納税相談を行っておりますので、お早めに市税収納課までご相談ください。

このページに関するお問い合わせ

企画経営部 市税収納室 市税収納課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-9101 0797-77-9102(徴収担当) 
        0797-77-2052(納税管理担当) 
        0797-77-2163(税制担当)
ファクス:0797-77-9105
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。