エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > よくある質問トップページ > 分野から探す > 暮らし・手続き > 市税 > 海外への転勤により今年の11月から翌年の12月までアメリカで1年間以上勤務することになりました。この場合、私は翌年度市県民税を課税されるのでしょうか。


ここから本文です。

市税 よくある質問

ID番号 5000548 更新日  平成30年10月19日  印刷

質問 海外への転勤により今年の11月から翌年の12月までアメリカで1年間以上勤務することになりました。この場合、私は翌年度市県民税を課税されるのでしょうか。

回答

市県民税は毎年1月1日現在、住所のある市区町村で課税されます。前年中に出国されその後継続して1年以上海外に居住されることが確実で、日本国内に住所を有しなければ、翌年度市県民税は課税されません。

このページに関するお問い合わせ

企画経営部 市税収納室 市民税課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2055(諸税担当) 0797-77-2056(普通徴収担当) 
    0797-77-2057(特別徴収担当)
ファクス:0797-71-6188
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。