コンクリートブロック塀等の安全点検及び安全対策について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1026609 更新日  2021年3月31日

印刷大きな文字で印刷

平成30年6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震においてコンクリートブロック塀が倒壊し、貴重な人命が失われました。
このような被害を未然に防止するためにも、コンクリートブロック造等(組積造を含む)の塀の安全性を点検する必要があります。

つきましては所有地内にコンクリートブロック造等の塀がある場合、以下の資料を参考に点検を行ってください。
目視による点検又は建築士等の専門家による詳細な調査の結果、危険性があると判断される場合は、周囲の利用者や通行人に注意喚起するとともに、早急に修繕又は補強などの対策を行ってください。

なお、点検の結果、基準を満たしているものについては、今後とも適正に維持管理を行ってください。

ブロック塀等の安全性確保に向けた啓発パンフレット(一般財団法人 日本建築防災協会のホームページ) 

専門家への相談については、上記リンク先のパンフレットに相談窓口が記載されています。そのほか、下記リンク先の一般社団法人兵庫県建築士事務所協会のホームページに、宝塚地区の登録建築士が掲載されていますので、参考にしてください。

このページに関するお問い合わせ

都市整備部 都市整備室 建築指導課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁2階
電話:0797-77-2082 0797-77-2084(長期優良住宅)
ファクス:0797-74-8997
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。