妊婦健康診査費助成制度

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1023353 更新日  2022年9月30日

印刷大きな文字で印刷

宝塚市では、お母さんと赤ちゃんの健康を守り、安心して出産できるように、妊婦健康診査費について最大106,000円(6,000円券12枚、17,000円券2枚)の助成をしています。
妊娠届出と同時に助成券の交付申請を行ってください。

申請窓口は、健康センター、市役所窓口サービス課、各サービスセンター、サービスステーションです。
妊娠中に転入した方は、健康センターで手続きしてください。

1 助成券の交付方法

(1)助成券を即日交付します。

 対 象:妊婦本人が健康センターで妊娠届出等の手続きをされた方(ただし、転入者を除く)

     妊婦の代理人が申請の場合は、後日郵送になります。

 持ち物:申請者の身分証明書(マイナンバーカードや運転免許証など)

(2)助成券を後日ご自宅に郵送します。

 対 象:健康センター以外の窓口で妊娠届出等の手続きをされた方

    妊娠途中で本市に転入された方

    (申請から約1週間後に健康センターから助成券を発送します。)

 持ち物:申請者の身分証明書(マイナンバーカードや運転免許証など)

2 助成金の還付について

  出産後助成券が残った場合は、助成券を使用せずに受けた妊婦健康診査費の領収書があれば、残りの枚数分を限度に助成は可能です。

 「妊婦健康診査費用助成制度のお知らせ(令和4年度版)」をご確認の上、還付助成申請を行ってください。 

3 令和3年度に助成券の交付を受けた方のうち、令和4年4月以降に妊婦健康診査を受診された方へ

 宝塚市では、令和4年度より、妊婦健康診査費の助成額について、1回あたり5千円までを6千円までに、1万3千円までを1万7千円までに増額します。つきましては、令和4年4月1日以降に受診する妊婦健康診査については、還付申請により、1万3千円券を使用した健診の自己負担分については4千円を上限として、5千円券を使用した場合は1千円を上限として、追加で助成します。全ての妊婦健康診査が終了した後に、領収証を添えて申請してください。

妊婦健康診査の協力医療機関・助産所

協力医療機関・助産所については下記の一覧表をご参照ください。
協力医療機関等は変更の可能性があります。
利用する前にご確認ください。

参考 望ましい妊婦健康診査の受診回数
妊娠週数 望ましい健診回数
妊娠23週まで 4週間に1回
妊娠24週から35週まで 2週間に1回
妊娠36週から出産まで 1週間に1回

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康推進室 健康推進課(健康センター)
〒665-0827 宝塚市小浜4丁目4番1号
電話:0797-86-0056 ファクス:0797-83-2421
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。