新型コロナウイルスワクチン接種について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ID番号 1040739 更新日  2021年8月3日

印刷大きな文字で印刷

重要なお知らせ

64歳以下の方の予約受付を開始します

64歳以下の人のワクチン接種については、「8月初旬に示される国からのワクチン供給量を確認したうえで接種スケジュールをお知らせしたい」と案内していました。この度、国からのワクチン供給量が示され、ワクチンの上乗せ納品が可能となったため、予約開始時期を前倒しして案内できることになりました。大変お待たせいたしましたが、以下のスケジュールのとおり開始いたします。

宝塚市で実施する64歳以下の方のワクチン接種については、集団接種会場のみの実施とし、予約は市のインターネット予約サイトからのみとします。

※インターネット予約が困難な人については、市コールセンター(予約・キャンセル専用ダイヤル:0797-61-5610)において予約サポートを行います。
※医療機関では予約の受付を行いません。医療機関への新型コロナワクチン予約に関するお問い合わせはお控えください。

なお、優先接種対象者である65歳以上の人についても、引き続き予約することができます。

64歳以下の方の接種スケジュールについて

市で受け付けるワクチン接種の予約スケジュールについては以下のとおりです。

順番 対象者 予約期間 接種実施期間 予約枠

(1)

(*1)

基礎疾患のある人(*2)

障碍のある人(*3)

 

8月5日(木曜日)~

 

8月30日(月曜日)~

(国からのワクチンの供給量及び供給日程により、接種開始日を前倒しします。)

約30,000人分
※(1)(2)の順位の人で予約枠に残がある場合は、

(3)以降の順位の人に割り当てられます。

(2) 55歳~64歳までの人

8月12日(木曜日)~

 

(3)

45歳~54歳までの人

ワクチンの供給状況に応じて、順次、市ホームページなどでお知らせします。
(4)

35歳~44歳までの人

(5)

16歳~34歳までの人

(6)

12歳~15歳までの人

決まり次第、市ホームページなどでお知らせします。

(*1)高齢者、障碍者、子どもと関わる職場の従事者なども優先的に接種を行います。
(*2)基礎疾患のある人については以下をご覧ください。
 

 

(*3)施設入所者については、施設での接種を実施します。
  通所施設を利用する人は、利用する事業所に接種方法意向調査を実施しており、施設内接種または集団接種会場への団体予約など利用者ニーズに応じた方法で進めます。
  団体予約で接種される場合は、バリアフリーが整う施設での接種に配慮します。
  手話・要約筆記の通訳が必要な方には、事前連絡をいただき、対応します。

接種会場

接種会場は、アピア3(常設)・ソリオホール・東公民館・中央公民館で実施します。
詳しくは以下をご覧ください。

 

64歳以下の人の接種券発送について

12歳以上64歳以下の方(昭和32(1957)年4月2日以降~平成22年4月1日以前生まれの方)を対象に、7月2日に接種券を発送しました。
※令和4年4月1日までに12歳になる方は、誕生日前月に接種券を送付します。

64歳以下の人のワクチン接種予約を延期します

 以前、広報たからづか7月号において、64歳以下の人のワクチン接種予約開始日を「7月12日」とご案内していましたが、現在、開始日を延期しています。
 64歳以下の人の接種がいまだ開始できていないことについて、深くお詫びいたします。
 本市では、接種を希望する65歳以上の高齢者への接種完了を最優先で取り組んでいます。
 併せて、市の集団接種においては、市民生活の維持に欠かせない業種の従事者である、保育所・幼稚園・学校・福祉関係などに従事する「エッセンシャルワーカー」の人にも接種を進めております。
 また、64歳以下の人についても、大規模接種会場や職域接種が進んでいるほか、個別接種を実施している各医療機関において、高齢者の予約の空き枠などを活用して、基礎疾患がある人への接種も進んでいます。
 しかし、7月に入り、国からのワクチン供給量が減少し、8月以降も減少傾向が続くものと予想しています。このような状況を踏まえ、このたび、64歳以下の人の予約開始時期を延期せざるを得なくなりました。
 今後8月初旬に示される国からのワクチン供給量を確認した上で、接種スケジュールをお知らせしたいと考えています。
 市民の皆さまにはご心配をおかけしておりますが、今後のスケジュールについて、広報たからづかや市ホームページ、新聞、SNS などでお知らせします。引き続き、市の情報を随時掲載いたしますので、ご覧いただきますようお願いします。

コールセンターの電話番号を追加しました

予約・キャンセル専用ダイヤル 
0797・61・5610(平日9時~17時半)
相談専用ダイヤル 
0797・78・6894(平日9時~17時半)
※必ず市外局番(0797)から、おかけください。
※電話番号をよくお確かめの上、おかけ間違いのないようお願いします。
※予約開始直後は電話がつながりにくくなる可能性があります。あらかじめご了承ください。

65歳以上の方の個別接種の予約について

以下の医療機関の予約の受け付けは終了しました。

東宝塚さとう病院(宝塚市長尾町2-1)(※市のインターネットサイトでの予約のみ)
対象  :65歳以上
予約受付:6月15日(火曜日)午前9時~ (予約枠がなくなり次第終了します)
接種期間:6月19日(土曜日)~7月31日(土曜日)(土・日曜日のみ) 計13日間
接種人数:各日100人 計1,300人 
2回目の予約は、1回目接種時に医療機関にて行います。(原則、1回目接種日の3週間後の日付となります。)

65歳以上の方の書面によるワクチン接種の予約受付について

65 歳以上の高齢者にできるだけ早く安心していただけるよう、現在実施している電話及びインターネットによる個別接種及び集団接種の予約受付のほかに、自治会とも連携を取りながら、書面による予約受付を実施します。

仮予約の受付について

市コールセンターでは、65歳以上の方を対象に電話による仮予約を受け付けています。仮予約を受け付けた方には、市より接種日時および接種場所をご案内します。

県や国による大規模接種の予約について

兵庫県新型コロナワクチン大規模接種について

県による大規模接種が実施されています。
<接種会場>西宮市立中央体育館、アクリエひめじ
詳しくは、県大規模接種 特設ページよりご確認ください。

自衛隊 大阪大規模接種センター(大阪センター)の予約

国による大規模接種が実施されています。 
予約受け付けが7月26日(月曜日)より再開されています。
毎週月曜日(その週の木曜日から日曜日分)と毎週木曜日(翌週の月曜日から水曜日分)の週2回、新たな予約受付が開始されます。
予約電話番号:0570-080-770

予防接種証明書(ワクチンパスポート)の発行について

海外に渡航予定のある方を対象に予防接種証明書(ワクチンパスポート)を発行いたします。

申請時の注意事項

当面の間、申請対象者は海外の渡航先で防疫措置の緩和などを受けられる方が対象です。

また、渡航予定の国におけるワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の有効性については外務省ホームページにて公開される情報や、厚生労働省の新型コロナワクチンコールセンター(0120-761-770)にお問い合わせいただき、申請の必要性をご判断ください。

国内での接種記録を必要とする場合は、接種時に発行される「接種済証」または「接種記録書」をご利用ください。

申請方法

  • 申請受付開始日 7月26日(月曜日)
  • 申請受付・発行方法
    【郵送での受付】84円切手を貼付し、宛名を記入された返信用封筒を同封の上、下記まで申請書を郵送して下さい。
    (送付先)宝塚市東洋町1-1 宝塚市新型コロナワクチン接種コールセンター宛
     ※封筒に赤字で「新型コロナワクチン予防接種証明書交付申請書 在中」と記載してください。
    【窓口での受付】返信用封筒と申請書を持参の上、コロナワクチン相談窓口(市役所1階市民ホール)まで提出して下さい。
     ※返信用封筒により交付します(即日発行はできません)。

  申請受付から発送まで2週間前後いただく場合があります。 (接種履歴の確認が困難な場合、この期間より長くお時間をいただく場合があります)

申請書類

(1)交付申請書

(2)旅券(パスポート)の写し(有効期限内のもの)
(3)接種券(「予診のみ」部分のあるもの)の写し
(4)接種履歴が確認できる書類(以下のいずれか1つ)
  (ア)一般の方
    新型コロナウイルスワクチン予防接種済証の写し
  (イ)医療従事者等
    新型コロナワクチン接種記録書の写し
(5)((3)または(4)を紛失している場合)マイナンバーが確認できる書類または現住所が記載された本人確認書類の写し(運転免許証、健康保険証~etc)
(6)(旅券に旧姓・別姓・別名の記載がある場合)旧姓・別姓・別名が確認できる書類の写し
  ※旧姓併記されたマイナンバーカード、運転免許証、戸籍、住民票の写しなど
(7)(本人以外が代理で申請する場合)委任状

このページの先頭に戻る

予防接種済証の発行について

新型コロナワクチンを接種した方のうち、医療従事者で「新型コロナワクチン接種記録書」やそれ以外の方の「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)」を紛失された場合などにより、市が発行する予防接種済証が必要な方に対して、申請により、接種済証を発行します。

申請時の注意事項

発行対象者は本市に住民票がある方のみとなります。
発行日時点で、宝塚市の予防接種台帳に記録されているもののみ記載します。
実際に接種された日から宝塚市の予防接種台帳に記録されるまで、2、3か月かかる場合があります。

申請方法

  • 申請受付開始日 7月26日(月曜日)
  • 申請受付・発行方法
    84円切手を貼付し、宛名を記入された返信用封筒を同封の上、下記まで申請書を郵送してください。
    (送付先)宝塚市東洋町1-1 宝塚市新型コロナワクチン接種コールセンター宛
    ※封筒に赤字で「新型コロナワクチン予防接種済証発行申請書 在中」と記載してください。

申請書類

(1)新型コロナワクチン予防接種済証発行申請書

 

(2)本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)の写し
(※申請者が被接種者と異なる場合は申請者の本人確認書類の写しも必要です。)

このページの先頭に戻る

高齢者(65歳以上)の接種率について

65歳以上の者の人口を64,671人(令和2年1月1日時点での住民基本台帳人口)として、接種率を算定しています。

令和3年8月2日時点の接種率(最新)

当市の最新の接種率は、以下の通りです。

  1回目 2回目
接種率(%) 84.27

66.81

このページの先頭に戻る

接種体制について

個別医療機関での接種について

宝塚市では医療機関による個別接種を中心に106か所の医療機関で接種を実施しています。
※64歳以下の人のワクチン接種については集団接種のみの実施となります。

集団接種会場での接種について

接種会場は、ソリオホール(栄町2丁目)、中央公民館(末広町)、東公民館(山本南2丁目)の3か所に、7月より常設会場としてアピア3を追加します。

このページの先頭に戻る

予約方法

個別接種の予約について

個別接種(市内各医療機関での接種)は6月4日から市内106医療機関にて順次開始します。
予約方法は、各医療機関によって異なります。

(1)市コールセンターで予約する 【予約方法】電話予約、または、インターネット予約

(2)各医療機関に予約する

※医療機関によっては、市のコールセンターのみでの予約受付となります。
※電話予約については、80歳以上の方(昭和17(1942)年4月1日以前に生まれた方)の予約を優先的に受け付ける期間を設けます。ご理解とご協力をお願いします。詳細については、5月20日から26日にかけて市内各戸にお届けした広報たからづか臨時号(No.1281)でもご覧いただけます。

市コールセンターでの予約
電話(0797-61-5610)で予約
(※6月1日以降は、お電話が大変繋がりにくい状況となります。ご理解を賜りますようお願いいたします)

      ※電話のおかけ間違いが多発しています。電話番号を必ずご確認ください。
      ※必ず、市外局番(0797)から、おかけください。

                 希望する医療機関名とその地区名をお伝えください。
                 各医療機関で接種できる日時が異なります。予約時にご確認ください。
【受付時間】平日9時から17時半まで(土曜日・日曜日、祝日、年末年始をのぞく)

インターネットでの予約

現在、東宝塚さとう病院のみ予約を受け付けています(65歳以上の方対象)。→受付は終了しました。

WEB予約のシステム入力方法は、下記の「宝塚市コロナワクチンWEB予約システム入力の手引き」や「宝塚市 新型コロナワクチン接種WEB予約方法(動画)」を参考にしてください。

集団接種の予約について

6月10日(木曜日)にインターネットと電話で予約を開始します。7月1日から8月13日までの接種実施分について、週当たり約1,000回分の接種を予定しています。7~8月分の集団接種の電話予約については、80歳以上の方(昭和17(1942)年4月1日以前に生まれた方)の予約を優先的に受け付ける期間を設けます。ご理解とご協力をお願いします。詳細については、5月20日から26日にかけて市内各戸にお届けした広報たからづか臨時号(No.1281)でもご覧いただけます。※8月16日(月曜日)以降の予約については、市ホームページや広報たからづかなどでお知らせします。

【接種実施期間】7月1日(木曜日)から8月13日(金曜日)まで(土・日曜、祝日を除く)

【接種時間枠】(1)13時半~14時、(2)14時~14時半、(3)14時半~15時

【接種会場】ソリオホール、中央公民館、東公民館のいずれか1日1~2会場

  • 電話予約 市コールセンター(電話:0797-61-5610)
    (※6月1日以降は、お電話が大変繋がりにくい状況となります。ご理解を賜りますようお願いいたします)

    ※電話のおかけ間違いが多発しています。電話番号を必ずご確認ください。
    ※必ず、市外局番(0797)から、おかけください。

                 
【受付時間】平日9時から17時半まで(土曜日・日曜日、祝日、年末年始をのぞく)

<80歳以上の方>

【予約期間】6月10日(木曜日)9時~6月14日(月曜日)17時半

<65歳以上80歳未満の方>

【予約期間】6月15日(火曜日)9時~6月17日(木曜日)17時半

  • インターネットでの予約(スマートフォン、PCでご利用いただけます)

<65歳以上の方(80歳以上の方を含む)>

【予約期間】6月10日(木曜日)9時から

【その他】
※接種者情報の登録は予約開始日前に行うことができます。
※電話の場合は、同一世帯に限り、枠が空いていれば同時予約可能です。
※ご家族がスマートフォンやPCをお持ちで、予約のご協力をいただける場合には、必ず接種を受けられるご本人の意思をご確認いただいた上で、ご予約をお願いいたします。
※キャンセルする場合は、市のコールセンター(0797-61-5610)までお電話ください。インターネット予約の場合は、予約サイトのマイページからキャンセルしてください。

WEB予約のシステム入力方法は、下記の「宝塚市コロナワクチンWEB予約システム入力の手引き」や「宝塚市 新型コロナワクチン接種WEB予約方法(動画)」を参考にしてください。

このページの先頭に戻る

接種の流れについて

市役所からクーポン券(接種券)が届きます

国が示す優先順位に応じて、対象者に順次クーポン券(接種券)を送付します。宝塚市では、65歳以上の方(昭和32年(1957年)4月1日以前に生まれた方)を対象に、4月19日の週に、住民票に記載している住所へクーポン券(接種券)を発送しました。1月1日(金曜日)以降に宝塚市に転入した方で、クーポン券(接種券)が届いていない場合は、市のコールセンターまでお電話ください。

※クーポン券(接種券)は市役所から封書で届きます。なくさず、大切に保管してください。

64歳未満以下の方のクーポン券(接種券)の発送時期は、7月2日になります。

 

 

  • 市よりお届けする封筒

封筒

クーポン券(接種券)は白い封筒でお届けしています

 

 

 

 

  • 接種券

接種券

 

 

接種券はシールをはがさずに、そのまま持参してください

接種券の発行が必要な方へ

ワクチン接種には、原則、住民票所在地の市町村において発行されたクーポン券(接種券)が必要です。
クーポン券(接種券)の紛失、住民票所在地の変更等でクーポン券(接種券)の発行が必要となった場合は、必要書類を下記の宛先までご提出ください。

なお、住民票の住所にお送りする場合は、お電話での手続きが可能です。名前、生年月日、住民票の住所、電話番号をお控えの上、宝塚市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター(電話:0797-61-5610)までお問い合わせください。

住民票の住所以外にお送りする場合は、接種券発行申請書が必要です。下記からダウンロードしていただくか、市内のサービスセンター、サービスステーションに用意していますので、ご記入の上、必要書類を添付し、下記の住所までご送付ください(サービスセンター、サービスステーションでの受け付けはできません)。

 

申請に必要な書類
  • 接種券発行申請書
  • 本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)の写し
提出先

〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号
宝塚市役所 宝塚市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター

予約する

  • 個別接種の予約
  • 集団接種の予約

事前通知が青い封筒で届きます(集団接種の場合)

集団接種を予約された方には、接種の4~5日前に、予診票やワクチンの説明書などが入った青い封筒が郵便で届きます。事前に説明書をご一読の上、ボールペンで予診票をご記入ください。

事前通知が届かない場合は、予約が完了しているか今一度ご確認ください。インターネット予約の方は、下記の「WEB予約の予約有無の確認方法」から予約状況が確認できます。電話予約の方は、宝塚市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター(電話:0797-61-5610)へお問い合わせください。

※個別接種の場合は、予診票は事前に予約した医療機関で受け取り、自宅でご記入ください。

集団接種当日の持ち物など 忘れた場合は、接種することができません

クーポン券(接種券):65歳以上の方には、4月19日の週に、住民票所在地に郵送しています。シールをはがさずに持参してください。

本人確認書類:運転免許証、健康保険証など

予診票:接種予約日の4~5日前に郵送で届きます。あらかじめ記入してご持参ください。

集団接種当日の流れ

肩を出しやすい服装でお越しください。

感染予防のため、指定された受付時間にお越しください。

会場までは、公共交通機関をご利用ください。

37.5℃以上の熱がある場合は、ワクチン接種をすることができません。

 

接種当日の流れ

2回目の接種の予約について(集団接種)

1回目の接種後、接種会場で3週間後以降の日時を指定します。

 

新型コロナウイルスワクチンの有効性などについて

 市が集団接種、個別接種で利用しているファイザー社製のワクチンについては、新型コロナウイルス感染症の発症を予防する効果は、2回の接種によって約95%とされています。
 このワクチンで十分な免疫ができるのは、1回目の接種から3週間経過して実施する2回目の接種を受けてから7日程度経って以降とされています。
 現時点では、接種された方以外の方への感染予防効果は十分に明らかになっていませんので、ワクチンの2回目の接種後であっても、これまでと同様に、感染予防対策を行っていただく必要があります。

新型コロナウイルスワクチンの副反応について

 現在、日本で接種が進められている新型コロナウイルスワクチンでは、接種後に注射した部分の痛み、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛み、寒気、下痢、発熱等がみられることがあります。
こうした症状の大部分は、接種後数日以内に回復しています。

 

発現割合 

症 状

ファイザー社のワクチン

武田/モデルナ社のワクチン

50%以上  

接種部位の痛み、

疲労、頭痛

接種部位の痛み、疲労、頭痛、筋肉痛 

10 ~ 50% 

筋肉痛、悪寒、関節痛、下痢、発熱、接種部位の腫れ

関節痛、悪寒、吐き気・嘔吐、リンパ節症、発熱、接種部位の晴れ、発赤・紅斑

1 ~ 10% 

吐き気、嘔吐

接種後7日目以降の接種部位の痛みなど 

接種直後よりも翌日に痛みを感じている方が多くなっています。

疲労や関節痛、発熱など、1回目より2回目の方が頻度が高くなる症状もあります。

 

接種後、すぐに現れる可能性のある症状 

  

アナフィラキシー

・薬や食物が体に入ってから、短時間で起きることのあるアレルギー反応です。
じんま疹などの皮膚症状、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状が急に起こります。血圧低下や意識レベルの低下(呼びかけに反応しない)を伴う場合をアナフィラキシーショックと呼びます。

・起こることは極めてまれですが、接種後に、もしアナフィラキシーが起こっても、すぐに対応が可能なよう、予防接種の接種会場や医療機関では、医薬品などの準備をしています。

 

血管迷走神経反射

・ワクチン接種に対する緊張や、強い痛みをきっかけに、立ちくらみがしたり、血の気が引いて時に気を失うことがあります。

・誰にでも起こる可能性があるからだの反応で、通常、横になって休むことで自然に回復します。

・倒れてケガをしないように、背もたれのある椅子に座って様子をみてください。

 

予防接種法に基づく医療機関からの副反応報告疑い報告状況について

下記の「第63回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、令和3年度第12回薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(合同開催) 資料」をご参考ください。

【全国の副反応疑い報告】 (令和3年6月27日までの接種分)
ファイザー社のワクチン  15,991件
             このうち、死亡報告は453件
             《専門家による評価》
              ワクチンと症状との因果関係が否定できないもの  : 1件
              ワクチンと症状との因果関係が認められないもの : 7件
              現時点では評価できないもの          : 451件
              重複                     : 6件

モデルナ社のワクチン   191件
             このうち、死亡報告は1件
             《専門家による評価》
             ワクチンと症状との因果関係が否定できないもの  : 0件
             ワクチンと症状との因果関係が認められないもの : 0件
             現時点では評価できないもの          : 1件
             重複                     : 0件

予防接種健康被害救済制度について

 予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、その健康被害が接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定したときは、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

 アナフィラキシーやその他の副反応について、接種医師やかかりつけ医とご相談のうえ、申請をご希望される方は、宝塚市立健康センター予防接種担当者(0797-86-0056)までご連絡ください。
 なお、接種時に宝塚市以外に住民票があった方は、住民票があった自治体にご連絡してください。

【注意点】
・医療機関が発行する診断書などの必要書類については、費用が自己負担となります。
・医療費等を自己負担した際の領収書は必ず保管しておいてください。
・審査があるため、救済制度の申請を行っても必ず給付されるとは限りません。

 詳細については、下記の厚生労働省のホームページをご覧ください。

ワクチン接種には本人の同意が必要です

 ワクチン接種については、感染症を発症することや、重症化することを防ぐという期待される効果と、副反応がおこることの両方を理解した上で、接種されるかどうかは自らの意思でご判断いただくこととなります。決して市が接種を強制するものではありません。
 宝塚市の接種券に同封している「新型コロナウイルスワクチン予防接種についての説明書」にも、ワクチンの効果や副反応のことを記載していますので、お読みいただき、接種するかどうかをお考えの上、決めていただけたらと思います。
 病気療養中の方や体調など接種に不安がある方など、接種しないことを選択する方もおられます。接種しない、という選択をされる方もおられることを十分ご理解いただき、接種されていない方を差別したり、差別を助長することが決してないように、皆さまのご理解、ご協力をお願いします。

このページの先頭に戻る

ワクチン接種に関するQ&A

このページの先頭に戻る

問い合わせについて

ワクチン接種の予約などに関する問い合わせ先

宝塚市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター

◆予約・キャンセル専用ダイヤル : 0797-61-5610
◆相談専用ダイヤル       : 0797-78-6894
【受付時間】平日午前9時から午後5時30分まで(土曜日・日曜日、祝日、年末年始をのぞく)
※電話番号のおかけ間違いが多発しております。必ずご確認の上、お問い合わせください。
 

 

医学的知見が必要となる専門的な相談に関する問い合わせ

  • 兵庫県新型コロナウイルスワクチン専門相談窓口
    【電話】(0570-006-733)
  • 【ファクス】078-361-1814
    【受付時間】午前9時から午後5時30分まで(年中無休)

コロナワクチン施策の在り方に関する問い合わせ先

  • 厚生労働省新型コロナウイルスワクチンコールセンター
    【電話】(0120-761-770)
    【受付時間】午前9時から午後9時まで(年中無休)
  • 新型コロナウイルス関連及びワクチンについての聴覚障害者相談窓口
    【ファクス】03-3581-6251
    【メールアドレス】corona-2020@mhlw.go.jp

ワクチンに便乗した詐欺にご注意ください

ワクチン接種は無料です!

市役所が、ワクチン接種のために金銭や個人情報を電話・メールで求めることはありません。困ったときは一人で悩まず、消費者ホットライン(電話188)にご相談ください。

厚生労働省などからのお知らせ

このページの先頭に戻る

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

宝塚市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター(平日9時~17時30分)
電話:0797-61-5610(予約・キャンセル専用ダイヤル) 
0797-78-6894(相談専用ダイヤル) 
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。